送り出しが大変!認知症のデイサービス拒否にはどんな誘い方が効果的?

デイサービスは、高齢者が家族以外の人との交流の機会を持つ、機能訓練を行う、安全に入浴出来るなど、必要な介護を受けられるだけでなく、介護者にとっても介護負担の軽減や休息やリフレッシュする時間を取ることができます。

しかし、デイサービスをすすめても嫌がり、利用に至らない、当日の朝になって行くのを嫌がって急遽キャンセルするなどデイサービスを拒否される場面はよく見受けられます。

この記事では、認知症の高齢者がデイサービスに行くことを拒否する理由や、拒否された時はどのような対応をすれば良いのかについて解説します。

定期的にデイサービスに行ってもらう事が出来ないと、在宅介護の継続が難しいこともありますので、本人の気持ちをくみ取りながら、デイサービスを受け入れてもらえるアプローチ方法を身につけておきましょう。

デイサービスに行きたがらない理由

デイサービスに行きたくないと思う理由は、人それぞれですが、その理由から、デイサービスに対してどのように捉えているかによって、対処法を考えるようにしましょう。

どこに行かされるのか不安

デイサービスの日は、お迎えが来るまでに食事や服薬を済ませ、着替えをするなど、普段とは違うせわしない朝を迎えることがあります。すると、認知症の方はその雰囲気を敏感に察知し、不安に感じてしまいます

その上、家族と離れて自分だけが車に乗ってどこかに行くとなれば、どこに連れて行かれるのか、これからどうなってしまうのかとさらに不安が増し、結果として拒否的な態度に繋がってしまうのです

デイサービスに行ってしまえば、穏やかに過ごされていたということは良くあります。しかし、出かける時に不安を感じる要素があれば、毎回同じ事が起こる可能性があります。

デイサービスに行く意味が分からない

認知症の人は、自分の状況を正しく理解出来ておらず、介助を受けなくても自立して出来ると考えていることがあります。そのような場合に、入浴の為にデイサービスに行くように勧めても、「風呂は家で入る」と言われ拒否されることになります。

また、デイサービスでのアクティビティやレクリエーションなどを幼稚なことと感じて、嫌がることもあります。

デイサービスになじめない

高齢者は環境を変える事を好まず、新しい環境になかなか馴染めないことがあります。

また、認知症があると、せっかく仲良くなってもその事を忘れてしまいます。反面、事実とは異なる被害妄想を抱いたりと、ネガティブな感情だけが残り、デイサービスは楽しくない場所とのイメージを持ち、デイサービスの拒否につながることがあります。

デイサービスを拒否されたときの対応

デイサービスを拒否するようなことがあれば、その原因を探り適切な対応をすることで、スムーズにデイサービスの利用に つなげられることがあります。

ゆっくり話を聞く

相手の言うことを聞かず、デイサービスに通う利点だけを説明してもなかなか受け入れてもらえません。 まずは、なぜデイサービスに行きたくないのか相手の話を聞くことから始めましょう。 デイサービスに行きたくない理由を理解し、その気持ちに寄り添いながらそれでもデイサービスに行ってもらいたい自分の気持ちを伝えてみましょう。

例えば「家にいるだけでなくデイサービスに行くことでいつまでも元気に過ごしてほしい」「デイサービスで機能訓練をすることで、これからも一緒に出かけられる筋力を維持してほしい」などデイサービスに行き、自分が元気でいることで家族と良い関係性が継続できるというような、ポジティブなイメージがつくような声かけをしていきましょう。

また、認知症が進行 すると随分前に退職しているにも関わらず、まだ仕事に行かなければならないと思っている人もいます。そのような場合、デイサービスに行くことを仕事として捉えてもらい「デイサービスで働いてる人や他の利用者のお手伝いをしてほしい」など役割を持ってデイサービスに行くことをすすめると受け入れてくれる場合もあります。

一緒に見学に行く

どのようなところに行き、何をするのかがよく分かっていないと何のためにデイサービスに行くのかが分からず、行きたいと思えないかもしれません。家族も一緒に見学に行きデイサービスの雰囲気を 知り、 デイサービスではどのようなことをするのかを見学して、本人の反応を見ておく良いでしょう。

本人の趣味や好きなことをアクティビティとして取り入れているデイサービスであれば受け入れが良いことがあります。 それぞれのデイサービスがどんなことをやっているのかをあらかじめケアマネージャーや地域包括支援センターに聞いておくと良いでしょう。

家族以外の人と接する機会を増やす

普段、家族としか接点がない場合、家族以外の人と会話をしたりお世話になったりすることに対して拒否的な反応をされることがあります。その為、家族以外の人と接する機会をなるべく増やすようにしていきましょう。

自宅内で自立した生活が継続できるようにするために、まずは訪問介護などの介護サービスを利用して、自宅で家族以外から介護を受けることに慣れてもらうことから始めます。 在宅での介護サービスは一対一で対応ができるため信頼関係を築きやすく、慣れた頃にデイサービスをすすめてもらうと、家族が話をするより受け入れが良い場合があります。

番外編:ショートステイに行ってもらう方法

どうしても、デイサービスに行ってもらえない時には、ショートステイの利用も検討しましょう。ただしショートステイは宿泊を伴うため滞在時間も長く楽しいことばかりではないこともあるため、なぜショートステイに行くのかをきちんと説明する必要があります。

家族に用事があるため様子を見に行くことができず安全のためにショートステイを利用してもらえると助かるなど、ショートステイに行くことが誰かのためになるということが分かるとすんなり受け入れて もらいやすくなります。

ショートステイに行くことをお願いする時は、自分が邪魔者だというイメージを与えないような声かけをすることが重要です。

そもそも認知症の方がデイサービスに通うメリット・効果とは?

デイサービスは、可能な限り自宅での生活を継続できることを目的として様々なサービスの提供が行われ、認知症の方がデイサービスを利用するメリットは大きいです。

本人の身体機能維持・改善に繋がる

デイサービスでは、日常生活に必要な身体機能の維持や改善ができるように集団や個別で機能訓練やレクリエーションが行われます。 また、認知症の人にとって他の利用者やスタッフとの交流は脳への良い刺激になり、心身の機能を維持することで認知症の進行を予防することにも繋がります。

認知症の方がデイサービスを選ぶときには、これらのバランスを考えて事業所を選ぶようにすると良いでしょう。

介護をする家族が休息(レスパイト)をとれる

デイサービスに入っている時間は家族が介護から解放されます。自分の用事を済ませたりゆっくり休息するなどの時間を定期的に取ることが 可能になります。

また、在宅介護の中で入浴の介助は負担の大きい介護の一つです。デイサービスで定期的に入浴介助を受けられることは、在宅生活を継続するために重要なポイントです。

▼レスパイトケアについて詳しく知りたい方はコチラ

レスパイトケアとは?介護者の休息のための介護 | サービスの種類や具体例を紹介

まとめ

認知症の人がデイサービスに通うことは、心身の維持 による認知症の進行を抑えるだけでなく、家族の介護負担を軽減に効果的です。しかし、デイサービスに行きたくない、自分はデイサービスに行く対象ではないとの思いから拒否され、なかなか話を進められない場合は、じっくり話を聞き、デイサービスのイメージを良いものになるようなアプローチが必要です。

ただし、家族だけで何とかしようとしてもうまくいかないこともあるため、同じようなことがあった時にうまくいった事例や専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

当サイトでは老人ホームの施設検索サービス「ヒトシア介護 施設ナビ」も運営しており、「親の介護について相談したいけど、どこに行けばいいかわからない」「親の介護をしなくてはいけなくなったけど、なにから始めればいいか分からない」といった介護を始めるにあったての相談も受け付けております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ