介護で入浴を拒否されたときの対応は?うまくいくコツを紹介

入浴には体を清潔に保つ、血行良くして疲労回復や代謝を活発にする、ストレスの緩和効果などがあります。 しかし、高齢者や認知症の方の中には入浴を拒否されることがあります。

衛生的にも定期的な入浴はしてほしいところですが、どのように声をかけたりアプローチをすると拒否なく入浴してもらえるのか悩ましいところです。

ここでは高齢者や認知症の方が入浴を拒否する理由、入浴をしてもらうために効果的な声のかけ方やアプローチの仕方、注意点について解説していきます。

高齢者が入浴拒否するのはなぜ?

介護用のお風呂

高齢者が入浴を拒否する理由は色々とありますが、本人がどのような理由で拒否をしているのかを考え、一方的に押し付けるようなことがないようにしましょう。

入浴介助されることに羞恥心がある

入浴の介助を受けるには、裸になり体を見られることになります。高齢者や認知症があってもそのことに対して羞恥心があり、「恥ずかしい、介助を受けたくない」と感じて入浴に対して拒否的な態度をとることがあります。また 、 自分は裸なのに介助をする人は衣類をつけていることに違和感を感じて抵抗する場合もあります。

意味が通じていない

認知症が進行してくると、耳から聞いた言葉を正しく理解することができなくなり、「お風呂に入る」と言われてもその意味が通じなくなることがあります。お風呂に入る心づもりができていないのに、衣服を脱がそうとされると抵抗し拒否されても無理はありません。

普段から、言葉でのコミュニケーションがしっかり取れているかどうか、これから入浴するということが理解できているかどうかを見極めることが大切です。

体調が良くない

普段お風呂好きだった方が急に入浴を嫌がることもあります。 認知症の方は、体調不良の症状をうまく表現することができず、入浴を拒否という形で訴えることもあります。いつもは拒否をしない人が急に入浴拒否をした場合、 表情や食欲、体温、血圧、脈拍などをチェックし、体調がいつもと変わりがないかを確認するようにしましょう。

入浴が面倒

高齢者の中には、認知症の有無に関わらず入浴や入浴後に洗濯物が増えるなど、入浴自体やそれに伴い必要となる家事をすることを面倒に感じ、入浴回数を減らしていることがあります。また、外出の機会が少なく自宅に閉じこもりがちになっている高齢者では、どこにも行かないので入浴をしなくてもいいだろうと考えている人もいます。

入浴拒否されたときの対応

入浴を拒否する高齢者

入浴を受け入れてもらうためには、本人が納得するかどうかがカギになります。体を清潔にしないといけないという思いから、本人が納得しないままに無理矢理入浴をさせるなど、介護者の都合で無理強いをすることがないように気をつけましょう。

理解できる伝え方をする

言葉でのコミュニケーションが取れ、入浴の意味が認識できている場合は、「一番風呂に入りませんか」など本人が納得するような声かけをして行きます。また、言葉で入浴を伝えても伝わりにくい場合は、浴室に連れて行く、洗面器やタオル石鹸を見せて入浴がイメージできるようにするなどの工夫をするのも一つの方法です

一緒に入浴する

自分だけ裸になって介助を受けるのは恥ずかしいと感じている人に対しては、介護者も一緒に入浴することですんなり入ってくれる場合もあります。 また認知症が進行していて失認がある場合などでは、介護者が肌色の服を着用することで違和感をもつことが少なくなることもあります。 一緒に入ることが難しい場合は、そのように違和感を軽減させる工夫をしてみてもいいでしょう。

また、浴室内ではタオルに石鹸をつけて渡すなど、自分で体を洗ってもらうことで入浴の気持ち良さを思い出せることもあります。髪の毛や体など洗い残しのあるところは、さりげなく介助したり、「背中は手が届かないので手伝います」というように声かけをして、手早く他の所も洗うなど状況に応じで声かけと介助の範囲を決めていきましょう。

部分浴を促す

服を脱がすことが難しい場合は、足だけ洗うなどの部分浴を提案し、受け入れてくれた場合は「服が濡れたので上の服も脱いでほしい」など脱衣できるような声かけをして、「ついでだからさっと洗いましょう」というように誘導するとうまくいく場合もあります。

ただし本人が拒否をしている場合は無理に進めようとせず、できるところだけを洗うにすると良いでしょう。

介護サービスの利用

デイサービスなどの介護施設では、他の利用者が入浴するのを見て抵抗なく入浴することや、広い浴室や浴槽が銭湯や旅館などをイメージさせ入浴したいという気分にさせることもあります。

また、 家族以外 の人が言ったことは、拒否せずに聞いてくれることは良くあります。加えて、訪問介護やデイサービスなどで働く介護士は入浴拒否をされる方の対応に慣れているため、上手に誘導をして入浴ができることも多く、訪問介護やデイサービスなどの介護サービスを利用するのも一つの方法です。

在宅介護における入浴介助の注意点

入浴は、日常生活の習慣から認知症が進行しても一人で入れることもあります。しかし、高齢者や認知症の方にとっての入浴は事故につながるリスクも高く、上手く洗えていない場合も多いです。そのため、一人で入れると思われる場合でも、介護者の見守りのもとで入浴できるようなサポートを検討しておきましょう。

安全に入浴できる環境づくり

浴室は、段差や石鹸などで滑りやすいなど転倒のリスクが高く、自宅内でも事故が起こりやすい場所です。浴室や浴槽の出入りには手すりを利用し安全に行える環境が必要です。

浴室の出入り口や浴槽の段差は、すのこを敷いたり浴槽内に台を設置するなどで解消することが可能です。これらは介護保険を利用することができますので、必要と思われる場合は早めにケアマネージャーに相談しておきましょう。

また、シャワーから熱いお湯が出てきて火傷をすることがないように、温度設定を確認しておくなど安全性の確保に留意します。

本人の自尊心を尊重する

他人に体を洗われるという行為は、自尊心を傷つけることもあります。自分でできることはなるべく自分で行うよう促し、自尊心への配慮を第一に考えることが大切です。

また、一度の入浴ですべてをきれいに洗う必要はありません。 本人の気持ちを優先しながら、穏やかに入浴ができるように介助をしていきましょう。

まとめ

入浴を拒否される場合は、なぜ入浴が嫌なのかその理由を理解し、不安や不快な思いを解消するような対応をするようにするとうまくいくことがあります。それには、他の家族でうまくいった事例などを取り入れてみてもいいでしょう。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ