認知症の高齢者が寝ない時の対処法は?介護で寝てくれない原因も解説

認知症の介護は昼夜問わず必要になりますが、介護者の体力を回復するためにも夜間はしっかりと寝てほしいと思うものです。しかし、その思いに反して夜間に寝てくれず、介護者が疲弊してしまうというケースは決して珍しくありません。認知症の人が夜間の睡眠が短い原因やその対処法について解説します。

認知症の方が睡眠不足になってしまう原因は?

年を取ると睡眠時間が減少したり、眠りが浅くなるということはよく耳にし、健常な人でもごく一般的にみられることです。しかし、認知症になるとそれ以上に睡眠障害が発生しやすく、夜間不眠や昼夜逆転により介護者の負担が増大してしまいます。認知症高齢者が睡眠不足に陥る原因はいろいろなものが考えられ、複数の原因が複合していることもあります。

生活リズムの乱れ

日中の活動量が低下している場合や昼間に寝てしまったということをきっかけに、生活リズムが狂ってしまいます。高齢者では、もともと入眠しにくく睡眠が浅い上、この生活リズムの乱れが加わると余計に眠れなくなり、睡眠不足に陥ります。

身体的な不快症状がある

体のどこかに痛みがある場合や便秘などで不快な症状があるような時でも、認知症ではその状況を上手く表現することが出来ないことがあります。そのため、その症状を取り除くことが出来ず、不眠につながることがあります。

精神的なもの

夜になると不安が増強し、眠れなくなることはよくあります。また、認知症の人に特徴的な精神的な症状として、せん妄と呼ばれるものがあります。せん妄とは、数時間から数日間持続する一過性の意識障害のことです。せん妄の状態になると非常に興奮したり、幻覚や幻聴、妄想が出現するなどの症状により睡眠が妨げられます。

認知症の症状によるもの

睡眠は、夢を見ているときに現れる浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠に分けられ、このふたつの睡眠の状態を交互に繰り返します。

レビー小体型認知症では、浅い眠りのレム睡眠の状態の時に夢と現実の区別がつかず、夢の内容に応じて大きな声を出したり、身体を動かす、起き上がるなどの行動が見られる「レム睡眠時行動障害」が見られることがあります。

眠りを妨げる環境

睡眠時の室温や明るさ、気になる音、寝具の寝心地など睡眠を妨げる環境に敏感になり眠れないことがあります。

認知症の高齢者が夜間に寝ない時の対処法

認知症の高齢者が夜間寝てくれないときに、介護者の対応によって余計に寝てくれなくなることもあり注意が必要です。

感情的にならない

認知症の高齢者が夜間覚醒し寝てくれないときには、ついイライラしてしまうかも知れません。しかし、入眠できない状況でいくら「夜だから寝てほしい」と言っても寝られるわけではありません。そればかりか、感情的になっている相手に対して不安や怒りの感情が増し逆効果になることもあります。

睡眠時間が短くて、一旦入眠してもすぐに起きてしまう時にはレム睡眠時に怖い夢や不快な夢を見ているのかもしれません。そばにいて話をしたり、手を握るなどで安心して再入眠できることもあります。

夜中に起こされたり、疲労が蓄積していると寝てほしい、休みたいと思うことは当然ですが、決して感情的にならないように意識しましょう。

介護者が昼間に休めるようにする

夜間の不眠が続くと介護者が体調を崩してしまう事になりかねません。デイサービスやショートステイを利用する、介護保険サービスや他の家族に介護を変わってもらうなど介護者が休める時間を取ることが大切です。

また、眠剤を服用させて夜間の睡眠を確保できれば良いと考えるかもしれませんが、覚醒時に眠剤が残っていて転倒の原因になったり、日中朦朧として過ごし昼夜のリズムが悪くなるなどのリスクもあるため、安易に服用させないように注意が必要です。認知症の専門医に状況を説明し、眠剤の服用の可否を相談するようにしましょう。

▼介護をしている家族にもお休みは必要!レスパイトケアとは?

レスパイトケアとは?介護者の休息のための介護 | サービスの種類や具体例を紹介

介護で夜に眠ってもらえるようにする対策

介護者の睡眠を確保し、疲労をリセットするためには十分な睡眠が重要で、そのためには要介護者に夜しっかりと眠ってもらうことが不可欠です。何が原因なのかを探り、その原因を取り除いておくようにしましょう。

日中の活動量を増やす

昼と夜との区別をしっかりと付くような生活リズムにすることが、夜間の睡眠には重要です。認知症になると家の中に閉じこもりがちになったり、本人のペースで生活しがちです。日課を決めて同じ時間に散歩に出かける、入浴は入眠時間の2~3時間前にするなど、生活リズムと昼間の活動量を増やすことで、体内時計が上手く働くようになり夜間の入眠を促すことにつながります。

心身の状態を知る

痛みやかゆみ、体の不調など身体的な問題がないかを確認し、必要に応じて受診をして医師に相談し、症状が緩和できるようにしておきましょう

また、普段からしっかりとコミュニケーションをとり、精神的な不安や恐怖などの負の感情がないかを確認しておきましょう。入眠前に安心して過ごせるような会話やマッサージをしたり手を握るなどのタッチングを取り入れてみてもよいでしょう。

睡眠環境を整える

寝室の温度や湿度、明るさ、音などの環境を確認し、睡眠を妨げる原因となっているものを取り除き、本人の希望やこれまでの生活環境も考慮した上で安眠できる環境に整えましょう。

まとめ

夜になっても寝てくれない状況は介護者にとって非常にストレスのかかることですが、本人にとってもつらい原因があると考えられます。睡眠不足が改善できるように日中の活動性を上げる、心身の状態に問題がないかをチェックするなど何が原因なのかを考えて対処しましょう。

また、対処方法はいろいろと工夫できたり、他の人の事例が参考になることもあるため、ケアマネジャーなど介護のプロに話を聞いてみるのも良いでしょう。

「親の介護費用が足りるか心配」「介護をしない兄弟がいる」「介護のために仕事を辞めようか考えている」など、介護に関する悩みをお持ちではありませんか?

「親の介護」特集ページでは、在宅介護にまつわるお悩みの解決策をケアマネジャーが解説した記事を紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ