ケアハウスの費用 | 所得が少なくても入れる?介護型・一般型の費用相場

ケアハウスは、社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される福祉施設で、身寄りのない方や経済的な事情などで家族と同居が難しい方を対象とする施設のため、安価な費用で入居することが可能です。

この記事ではケアハウスの中でも、特に費用に絞って詳しく解説していきます。

また「そもそもケアハウスって何?」という方は以下の記事にケアハウスの全体の内容が詳しく書いてありますのでそちらをご確認ください。それでは見ていきましょう。

ケアハウスについて簡単に説明

まずはケアハウスについて簡単にご説明をします。

ケアハウスは身寄りのない方や経済的な事情などで家族と同居が難しい方が入居する「軽費老人ホーム」と呼ばれる施設の1つの形態であり、軽費老人ホームはA型、B型、C型の3つに分かれています。

A型、B型、C型の違いについて軽くご説明致します。

  • A型では食事提供がされる。
  • B型では食事サービスの提供がなく、自炊をすることになります。
  • C型では食事・生活支援サービスがついています。軽費老人ホームのC型をケアハウスと呼びます

ケアハウスでは居室の多くが1人部屋ですので、入居者のプライバシーが守られており、夫婦で一緒に入居することも可能です。

ケアハウスは「介護型」と「一般型」の2つに分かれます。「介護型」と「一般型」は入居条件と提供しているサービスが異なるので違いをご説明します。

ケアハウスとは?費用や入居などをわかりやすく解説!

介護型のケアハウスについて

ケアハウス(介護型)の入居可能な年齢は原則65歳以上です。入居条件は以下の通りになります。

  • 身寄りがいないか、家族と諸事情で一緒に住めない方
  • 要介護1以上の方

また、ケアハウス(介護型)は「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているので、ケアハウス職員からの直接、入浴、排泄、食事などの介護保険サービスや機能訓練が受けられます。

その他にも健康管理及び療養、栄養の管理、相談援助、生活リハビリが受けられます。

一般型のケアハウスについて

ケアハウス(一般型)の入居条件は原則60歳以上です。
入居条件は以下の3つになります。

  • 身寄りがいないか、家族と諸事情で一緒に住めない方
  • 身の回りのことはおこなえるが、自炊をすることは困難な状況の方
  • 自立から要介護度3程度の方

また要介護度が3以上を超え、施設で見ることが難しくなった場合、利用者が退去勧告を促される場合もあります。

しかし実際には、生活が困難になると、同じ法人内の特養などに入居ができることが多いです。必ずしも施設を変えればいいというわけではありませんが、ご自身で施設を探す必要はない場合が多いので、安心してご家族を預けられます。

受けられるサービス内容は食事や掃除、洗濯などの生活支援サービスで内容は充実しています。そして、ケアハウス(一般型)でも個人で外部事業者と契約することで介護サービスをうけられます。

ケアハウスの入居にかかる費用の内訳

まず介護型のケアハウスの費用の主な内訳は入居一時金(保証金)、賃料、食費、サービス提供費、光熱費、雑費、介護保険サービスの自己負担分となっています。

一般型のケアハウスは介護保険サービスを利用しなければその費用は発生しませんが、利用する場合には別途外部の介護保険サービスの自己負担分の費用を支払う必要があります。

入居一時金(保証金)、賃料、食費、事務費(人件費)、光熱費、雑費、介護保険サービスの自己負担分となっています。 一般型のケアハウスは介護保険サービスを利用しなければその費用は発生しませんが、利用する場合はデイサービス等の外部のサービス事業所と契約をしなければなりません。

参考:軽費老人ホームのサービス提供に要する費用の基準等のあり方に関する調査研究事業 |厚生労働省

サービス加算について

これらの費用に加えてサービス加算が追加されることもあります。
サービス費加算とは専門的なサービスや手厚いサービスに対して加算される費用のことで、ケアハウス(介護型)の介護保険サービス費に費用が加算をされます。
加算される内容の例を4つご紹介いたします。

①個別機能訓練加算(1割の自己負担:12円/1日)
リハビリテーションなどの個別訓練機能を行う施設にサービス加算に追加されます。
また、機能訓練のみを行う専属の指導員が必ず1人以上必要で、指導員には理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護職員、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師などが配置されています。

②医療機関連携加算(1割の自己負担:80円/1日)
看護師が健康状況を記録して、月に1回以上、協力医療機関や主治の医師に対して情報提供などを行います。

③夜間看護体制加算(1割の自己負担:80円/1日)
常勤の看護師を配置して、24時間の連絡体制や主治の医師に対して情報を提供します。

④看取り介護加算
回復することが見込みがない利用者に対して、利用者が死亡をする30日前から加算がされます。
加算内容は亡くなる期間によって分かれており、以下の通りになっています。
看取り介護加算Ⅰ、死亡日以前4日以上30日以下、1割の自己負担: 144円/1日
看取り介護加算Ⅱ、死亡日以前2日または3日、1割の自己負担 :680円/1日
看取り介護加算Ⅲ、死亡日、1割の自己負担:1280円/1日

この他にも様々なサービス加算があるので、施設に確認を取りましょう。
加算は入居後、増えて金額が上がる事も減って金額が下がることもあるので、もし気になる方は施設の方に確認をしてみましょう。

参考:特定施設入居者生活介護等の加算の概要|厚生労働省

ケアハウスの費用 | 所得が少なくても入れる?介護型・一般型の費用相場

ケアハウスでかかる費用の相場とは

電卓とお金
@tamayura39/stock.adobe.com
では具体的にケアハウスを利用するには、費用がどのくらいかかるのでしょうか。

一般的にケアハウスの一般型も介護型も、入居一時金はで0円~数十万、月額費用は数万円~十数万円ほど掛かります。

ある施設を例にしながら、詳しい費用をお伝えします。

ケアハウス(介護型):年収が150万円以下、要介護度2の場合

ケアハウス(介護型)の費用は下記の通りになっています。
介護サービス費は要介護度が上がれば費用が上がっていくことに注意しましょう。

サービスの提供 10,000円
生活費(食費など) 46,090円
賃料 21,744円
介護サービス費 18,393円
合計 94,957円

ケアハウス(一般型):年収が150万円以下の場合、要介護度1の場合

ケアハウス(一般型)の費用は下記の通りになっています。この費用に外部の介護サービス費を加えることで費用が高くなります。

サービスの提供 10,000円
生活費(食費など 46,090円
賃料 21,744円
合計 77,834円

ケアハウス(介護型)の方が、介護サービス費が加算されているため、費用が高くなります。しかし、ケアハウス(一般型)で外部の介護サービスを多く受ければ、ケアハウス(介護型)より高くなります。

所得による費用の差があるのか

ケアハウスは自治体にから助成制度を受けています。そのため、入居者の所得によって費用が変わり、低所得者のサービス提供費が安価になるようになっています。例えば、年収が150万円以下の利用者と年収が300万円~310万円の利用者では8万円近くサービス提供費に差があります。

参考:軽費老人ホームのサービス提供に要する費用の基準等のあり方に関する調査研究事業 |厚生労働省

夫婦で入る場合は安価なのか

ケアハウスは夫婦で入居ができる施設もあり、1人で入居したときより夫婦で入居した場合の方が1人当たりにかかる費用が安価になります。

なぜならば、夫婦の場合はその費用を分割するからです。2人部屋は1人部屋に比べて賃料や光熱費が多くかかりますが、夫婦がそれぞれ1人部屋に入居するより安価になります。
しかし、気を付けておきたいことがあります。それは夫婦のどちらか一方の要介護度が高くなり、見ることが難しくなれば、別の部屋に移ってもらう施設もあることです。

夫婦で老人ホームへの入居をお考えの方へ!一緒に入居が可能な施設や費用についてご紹介!

まとめ

料理を運ぶ介護士

@japolia/stock.adobe.com

一般的にケアハウス(介護型)の方がケアハウス(一般型)より費用が高くなる傾向になります。

ですが、ケアハウス(一般型)も外部事業者と多く介護サービスを提供することで、費用が高くなる可能性があります。

ご自身やご家族の要介護度を照らし合わせながら施設を検討していきましょう。

また、ケアハウスは低所得者の方にとっては安価になったり、夫婦で入居すると費用が安価になったりします。

自分の所得や家族構成を照らしながら施設を検討すると自分の合った施設を選ぶことが出来ます。

細かい費用に関しては施設によって異なりますので、実際の施設で見学に行ったり、パンフレットを見たりして確認をしていきましょう。

老人ホームでかかる費用を徹底解説!内訳から各施設の平均的な相場を紹介!

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:目黒 颯己

この記事を書いた人:目黒 颯己この記事を書いた人:目黒 颯己

保有資格:高齢者住まいアドバイザー検定 ファイナンシャル・プランニング技能士(3級)
大学卒業後、株式会社ネオキャリアに入社。総合求人サイトの立ち上げの経験後、老後を自分らしく過ごすための情報サイト「ヒトシア」の立ち上げを経て介護施設・老人ホームの紹介事業を行っております。
現在はヒトシアと並行して介護士向け求人サイトも兼務しており、介護全般に精通しています。
参考:http://ksa-kentei.com/adviser/3695

関連する記事

記事のカテゴリ