親の介護がストレス!介護放棄しないためのストレス軽減方法を紹介

親が高齢になってくるにつれて「介護」について考える機会が増えますよね。

「自分には親の介護をする義務がある」と考えてはいても、いざ親の介護ばかりする生活を続けていると「親の介護を今まで続けてきたけど、もう限界…」と追い込まれてしまう方がでてくるのも無理はありません。

特に兄弟の仲が悪い、一人っ子である、夫は働いており一人で義母を介護しているなどの理由がある方は介護する際に周囲からあまり協力が見込めず、一人で負担を抱えてしまいがちです。

そのような方は「もうこれ以上、親を介護したくない」と放棄することになる前に一旦冷静に自分と周囲の環境を把握し、介護をしていくうえでの考え方などを知ることが重要です。

親の介護の仕方について見つめ直し、自分と親に向き合ってみましょう。

©metamorworks/stock.adobe.com

親の介護をするうえで大切な3つの考え方

「これまで真面目に介護を続けてきたけど、もう限界かもしれない…」という方は、まず介護をするうえで大切な考え方のポイントを意識してみましょう。

ここでは親を介護しながら生活をおくるうえで、介護をする方が大切にしておくべき考え方を3つご紹介します。

自分と親のどちらも尊重しつつ共倒れしないためにとても大切な考え方です。

ストレスを一人で抱え込まず、適度に弱音をはく

ひとりで孤独に悩んでいる女性
©beeboys/stock.adobe.com

介護自体そもそも大変なことですが、これまで大きな存在であった親を介護するとなれば、なおさら誰もが多少なりともストレスを抱えてしまうものです。

そのため、介護にストレスはつきものであると捉え、いかに一人で抱え込まないようにするかについて考えることが重要です。

ストレスをためこんでしまうと、いつか爆発をおこしてしまい精神的な苦痛から介護を続けられなくなったり、介護うつをひきおこす原因にもなりかねません。

特に真面目な方や頑張り屋さんな方は「自分がやらなくては」と、なんでも一人で抱え込んで無理をしすぎてしまうことがあります。限界をこえてしまう前に、日ごろから少しずつでも信頼できる人に弱音をはくようにしましょう。

まずは自分の生活を最優先にしましょう

くつろぐ
©Kittiphan/stock.adobe.com

親に限らず、介護生活を続ける上で1番大切なことは自分の生活を優先することです。

もちろん親の介護は避けて通れない道ではありますが、だからといって自分の生活や人生をあきらめる必要はありません。

「人様に迷惑をかけるわけにはいかない」「親を捨てた親不孝者と思われるから…」

などの理由で介護サービスをあまり使わずに介護をおこなっている方は、なおさら改めてこのことを意識しておく必要があります。

高齢者の増加や介護サービスや福祉サービスの拡大、労働人口減少による労働力確保の重要性の高まりなどにより、現代では「介護は子供の義務である」という考えも変わってきています。

現在では「親を在宅で介護したい」という方と「安心できる老人ホームに入居させたい」という方の割合がほぼ同等となっています。

自分で介護をしないということは介護を放棄することではありません。

親の面倒を親族の中で押し付け合うなどにより関係にヒビが入ったり、一人で頑張りすぎて共倒れしてしまっては元も子もないですよね。

「介護のプロに任せる」ことも立派な選択肢の一つです。

介護をプロに任せることで自分はこれまでと大きく変わらず生活していくことができます。

親のために自分を犠牲にすることは親も自分も不幸になる場合があります。

親の介護中心ではなく、自分中心の生活をおくり、お互い笑顔で会えることが1番の親孝行となることを忘れないようにしましょう。

▼介護と仕事を両立させる方法を知りたい方はコチラ

親の介護と仕事の両立は無理じゃない!介護離職しないための方法とは

介護は長距離走。でも、いつか必ず終わりはきます

マラソン©lzf/stock.adobe.com

要介護度が高い方や、症状が進んでいる認知症を介護されている方は、「親の介護で辛い生活はいつまで続くのだろうか…終わりが見えない…」と絶望してしまうこともあるでしょう。しかし、介護にはいつか必ず終わりがくるものです

確かに現代では寿命が延伸しており、介護が長く続く場合もあります。

高齢者が心身ともに健康的に暮らせる健康寿命から寿命を差し引いた期間=高齢者が介護を受けながら生活する期間は、約5~15年が一般的な目安の年数であるといえます。

健康寿命と平均寿命の推移のグラフ

出典:内閣府「高齢化の状況」

これだけ聞くと、「親の介護が10年以上も続くのか…」とさらに不安や憂鬱な気持ちになってしまうかもしれません。

しかし裏を返してみると、人には必ず死が訪れるため、介護にも必ず終わりがくるのです。また、死が訪れる前でも、介護が必要な親の症状は常に変わってきます。今、親の徘徊で大変だと思っている介護も、歩行が困難になれば状況は変わり、必要な介護も変わります。もしかしたら、リハビリで身体機能が改善し、介護の負担が軽くなるかもしれません。いずれにせよ、今の状況にはいつか必ず終わりがくるのです。

疲れていると、つい目の前のことに精一杯になってしまい先が見えないような気持ちになってしまいますが、終わりがくることを意識したうえで、長い介護にも備えていきましょう。介護の見通しをもつだけでも、不安が減って心が楽になるかもしれません。

長期の介護を行うにあたって考えておくべきことの例

  • 介護を受ける側だけでなく、介護する側の心身は耐えられるか?
  • 長期的に必要となってくる費用はどこでまかなうのか?
  • 毎月いくら程度であれば支払いが可能なのか?

親の介護にかかるストレスを軽減する6つの方法

やることリスト
©tirlik/stock.adobe.com

ここまでは、親の介護をおこなう時に意識しておくべき考え方と介護の仕方についてまとめてきました。

では、親の介護に対してストレスを抱えている方はどのようにして介護にかかる負担を減らせばよいのでしょうか。前提として、まずは自分が介護の何に対してストレスを感じているのかを把握することが大切です。

介護によるストレスの例

指針的負担の例、身体的負担の例、経済的負担の例

その上で、ここでは介護の負担を軽減しストレスの種を減らす方法を「お金」「精神」「身体」の観点から紹介します。

1.親の所得、資産、貯金を把握する

親の介護が始まる際に気になることの一つが「お金」についてですよね。「介護費用にあてる資金が足りるか分からない」「兄弟と親の介護の費用負担で揉めている」など、お金に関する悩みや不安はストレスに繋がりやすいものです。

基本的に親の介護を行う際には、親のお金(年金、資産、貯金など)の範囲内で介護にかかる費用をまかなうようにしましょう

介護費用の分担で家族関係に亀裂が入ったり、先の分からない介護で自分たちの老後資金や育児にあてる費用が底をついてしまっては、元も子もありません。

そのため、介護が始まったときに親のお金は家族で預かるという場合が多いです。通帳などは早めに親から預かっておき、家族で管理をすることをおすすめします。

しかし、親のお金だけでは費用が足りないという場合もあり、その時は家族での経済的負担が必要となります。どうしても親のお金で支払える範囲内に収めたいという方は利用するサービスの見直しをおこないましょう。

ただし介護保険サービスの利用費が高くて支払えないという場合は、世帯所得や貯金額などに応じて負担を軽減できる制度の対象となる可能性があります。

つまり、支払い費用の工面については以下のような順序で考えていきましょう。

  1. まず親のお金を知る。
  2. その範囲内で収まらないときは家族で負担をする。
  3. 費用が高くて支払えない場合はサービスを見直す、もしくは費用の軽減制度を調べる。

2.親が民間の医療保険に入っていないかを確認する

「介護費用が思ったよりも高額で、負担できないかもしれない」という方は、次に親が民間の医療保険や共済に加入していないか確認しましょう。

大昔に加入していたり、付き合いで加入したりしたため、親も保険の存在を忘れていることがあります。まずは、保険証券を探して申請に必要な書類など内容の確認を行いましょう。

多くの保険商品では、指定された代理人が被保険者に代わって保険金の請求手続きができる「指定代理請求制度」を設けているため、親本人でなくても請求が可能です。

さらに、保険加入を知らずに保険請求をしていなかったとしても、約款に定められた年数以内であればさかのぼって保険金を請求することが可能です。保険金支払いの時効は3年としている保険会社が多いようですが、時効を過ぎても支払いに応じてもらえるケースがあるため、あきらめずに一度問い合わせてみることをおすすめします。

3.親の介護状況を確認し、必要であれば要介護認定を受ける

親が介護保険の被保険者でかつ65歳以上であれば、容体によって要介護認定を受けることができます。

※例外として65歳未満の場合でも特定疾病を持つ40歳以上の方であれば要介護認定を受けられます。

そして、要支援者もしくは要介護者として認定された場合には、介護保険の適用を受けることができます。

介護保険が適用されると介護給付金の範囲内で公費での費用補助がうけられるため、1~3割負担で介護サービスを受けることができます

要介護認定を受けないまま介護をすることは精神的・身体的負担はもちろん、経済的負担もかなり大きくなりますので、介護の必要があると思ったらまずは要介護認定を受けましょう。

また、要介護認定を受けると担当のケアマネジャーがついてくれます。介護のプロに相談しつつ介護をすすめられるので、とても心強いです。

▼要介護認定の基準や介護保険の申請方法を詳しく知りたい方はコチラ

【2021年改正版】要介護認定について認定基準や認定の流れをわかりやすく解説

介護保険の申請方法 | 申請できる年齢や申請のタイミング、流れをわかりやすく解説します

4.介護保険が適用されるサービスを把握する

介護保険の適用をうけると、介護サービスが1~3割負担で受けられると説明しましたが、あらゆるサービス全てが対象となるわけではありません。

とはいえ、介護保険が適用されるサービスには様々なものがあります。頼れるサービスは積極的に活用し、介護の負担を減らしていきましょう。

特に在宅介護をおこなっている場合に利用できるサービスはたくさんありますので、サービス内容を把握してケアマネジャーと相談しながら介護状況に合った適切なサービスを利用していきましょう。

以下は介護保険が適用されるサービスの一覧です。

施設に入居して受けるサービス

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム:特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養型医療施設(療養型病床)
  • 介護医療院
  • 介護付有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)
  • サ高住(特定施設入居者生活介護)
  • ケアハウス(特定施設入居者生活介護)
  • 養護老人ホーム(特定施設入居者生活介護)
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

短期入所サービス

  • 短期入所生活介護
  • 短期入所療養介護

訪問サービス

  • 訪問介護(ホームヘルプ)
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 居宅栄養管理指導
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護・看護
  • 夜間対応型訪問介護

通所サービス

  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 療養通所介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 地域密着型通所介護(小規模デイサービス)

複合型サービス

  • 小規模多機能型居宅介護
  • 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)

日常の暮らしを支えるサービス

  • 居宅介護支援
  • 福祉用具貸与
  • 特定福祉用具販売
  • 住宅改修

これらが具体的にどのようなサービスであるかについてより詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてください。

【介護保険サービス一覧】サービスの種類や内容をご紹介します

5.介護について相談できる場所を確保する

親を介護するということはほとんどの方にとって初めての経験といえるでしょう。そのため介護生活をおくるうえで戸惑うことが多い、悩んでしまうというのは当然のことです。

介護をするうえで1番大切なのは責任や悩み、ストレスを1人で抱え込まないことだと言えます。そこで、介護について理解がある方に相談できる環境があるかどうかがとても重要になってきます。

親族のなかに親の介護に関して協力的な方がいることが一番ですが、なかなかそういうわけにもいかず、親族間でトラブルが起こってしまっているのが現実です。

そのため、介護について相談できる窓口をきちんと把握しておくことが大切です。

介護について相談できる場所の例

  • 周囲の人々
  • ケアマネジャー
  • 市区町村の介護保険の窓口
  • 地域包括支援センター
  • 介護者が集う交流会、カフェ

▼自分に合ったケアマネジャーの選び方を知りたい方はコチラ

ケアマネジャーの選び方を介護の専門家が紹介!担当を変えたい場合の対処法も

6.介護の知識を身につける

「初めての介護でうまく出来ているか分からない」「余計な力が入っていて疲れている気がする」「こういうときにどうしたらいいか分からないという場面が多い」という方はケアマネジャーの方に相談する、セミナーに参加するなどして介護の知識を身につけましょう。

これまで慌ててしまっていたことを冷静に判断できるようになったり、身体への負担が少ない介助の方法などを知ることによってストレスや負担を減らすことができます。

みんなのストレス解消法や介護疲れ予防は?

介護の負担を減らすための方法を紹介しましたが、介護を行っている方々は、どのようにストレスを解消しているのでしょうか。ストレスを解消のコツや、介護疲れを予防する方法について、みていきましょう。

自分のストレスサインを知り、介護のストレスをチェックする

介護に関わらず、「自分ではそこまでストレスとは思っていなかったが、実際はかなり負荷がかかっていた」という経験のある方は多いでしょう。知らず知らずのうちにストレスをため込んでつぶれてしまわないように、自分にストレスがかかっていると気が付くことも大切です。

そのためには、自分にストレスがかかっている目印となる、ストレスサインを把握しておきましょう。ストレスサインは人によって様々であり、頭痛・腹痛・めまい・下痢・便秘・吐き気・肩こり・不眠など小さな身体的不調となってあらわれることもあります。精神面では笑顔が無くなる・無気力・抑うつ・イライラ・人と会うのが億劫になるなど、こちらも人によって様々です。

ストレスサインを見つけるには、ストレスがかかっていたと気が付いた時、ここ数日で身体的・精神的不調がなかったか振り返ってみるとよいでしょう。日記をつけている方は、その日の体調や気分も付け足しておくと、後からさかのぼってストレスサインを見つけやすくなりますよ。

自分のストレスサインが分かれば、今自分がどれくらい介護に疲れているのかが分かりますし、少し休むなど自分のケアをしてストレスがひどくなる前に対処することができます。

また、以下の記事で介護疲れになっていないかチェック項目を用意しておりますので、こちらもぜひ活用してみてください。

介護に疲れたと感じたら…「介護疲れ」の症状チェック!介護うつを防ぐ8つの対策方法

介護から離れ、自分の時間をもつ

24時間、365日介護につきっきりでは、ストレスがたまるのも無理はありません。まずは少しずつでもよいので、介護から離れて自分の時間をもうけるようにしましょう。

介護保険サービスのなかには、短期間介護施設での宿泊を受け入れるショートステイや日中介護施設で介護をしてくれるデイサービス・デイケアなどがあります。

これらは普段介護をしている家族が休息(レスパイト)をするためにも良く利用されます。在宅介護をしていくうえではこのレスパイトケアがとても重要になってきます。

レスパイト中は友人とカフェに行く、映画に行く、買い物に行くなど自分の好きなことができる時間を確保しましょう。

1週間のうちに少しでも休める日があるだけで、介護のストレスや負担はかなり変わります。

▼レスパイトについてや、方法を詳しく知りたい方はコチラ

レスパイトケアとは?介護者の休息のための介護 | サービスの種類や具体例を紹介

好きなことをする

自分の時間を確保したら、ゆっくり休むことも大切ですが、自分の好きなことをして気持ちをリフレッシュさせることもおすすめです。

軽い運動やストレッチをして汗を流すもよし、本を読んだり映画をみたりするもよし、趣味に時間をあててもよいでしょう。

同じ悩みをもつ人と話す

「愚痴をこぼす」「悩みを話す」というだけで、ストレスが軽減された経験は誰しもあるでしょう。自分の状況や辛さ、悩みを誰にも話せずにいることは、ストレスを悪化させかねません。自分の境遇を話せる人や同じ悩みをもっているを見つけ、自分の心境を吐露している方も多くいらっしゃいます。

親族の中に悩みを話せる方がいなくても、SNSやアプリで探したり、同じ悩みをもったコミュニティ・支援団体に顔を出してみるなど、様々な方法で話し相手を探すことができますよ。

介護の仕方には主に3つの選択肢があります

選択肢
©Delphotostock/stock.adobe.com

介護の仕方は生活スタイルや親との相性など人によって変わります。

おもな介護の仕方は「在宅介護」「遠距離介護」「施設介護」の3つです。以下ではそれぞれの特徴ついて説明していきます。

在宅介護

在宅介護は自宅で親を介護するという選択です。

親からすればこれまで住み慣れた自宅であったり、昔からよく知っている親族の居宅などで暮らせるという安心感は大きいでしょう。

介護をする側としても常に親の心身の状況が把握できるなどのメリットがあります。

在宅介護をおこなう場合はまず要介護認定の申請をしましょう。

要支援や要介護の結果が出れば介護保険制度を利用できるようになります。

自宅で介護をする場合、訪問サービスや通所サービス、短期入所サービス、いくつかのサービスが一体となった複合型のサービス、日々の暮らしを支える福祉用具の貸与など、さまざまな介護サービスを受けることが可能です。

家族による介護だけでなく、介護保険サービスを利用してケアマネジャーや介護事業所のスタッフと相談しながら親の介護について向き合っていくことが大切です。

また、在宅介護においては日頃介護をしている方がストレスを感じやすいため、レスパイト(休息)が特に重要となってきます。

通所サービスや短期入所サービスをうまく活用して自分や家族の時間もしっかり確保していくという目的も含めて、利用できるサービスはどんどん利用していきましょう。

遠距離介護

遠距離介護は仕事や結婚などの都合で親と離れて暮らしている方が、これまでと同じ距離(遠距離)のまま介護するという選択です。

遠距離介護をおこなう場合はお互いが居住環境を変えずに暮らし続けることができ、親ともこれまでどおり適切な距離感を保ちやすいです。

ただし親の心身の状況が把握しにくいという欠点もあります。

そのため、親と頻繁に連絡をとるようにすることはもちろん、通常の介護保険サービスに加えて安否確認サービスや配食サービスなどの見守りサービスを利用することをおすすめします。

また、遠距離介護は金銭的コストに加えて時間的コストも大きくかかってくるため、行ける頻度にも限りがでてきます。

そのためケアマネジャーや親の居宅の周辺に住む方々などとの信頼関係をきちんとつくっておくようにしましょう。

▼遠距離介護を続けるコツを知りたい方はコチラ

遠距離距離介護のコツ | 適切な帰省頻度や交通費を抑える方法を紹介!

施設介護

親に老人ホームへ入居してもらい、施設のスタッフに親の日常生活の支援を任せるという選択です。

見守り環境の整った施設のなかでプロに介護を任せることができるため、在宅介護や遠距離介護に比べて介護にかかる負担が大幅に軽減されます。

例えば、これまで夜間に家族へ行き先を伝えないまま外出し道に迷ったり、何度も家族を呼び出したり…夜も安心して眠れないと悩まされていた方はぐっすりと眠ることができます。

家族で一緒に過ごす時間は減ってしまうものの、近い距離で生活することで感じるストレスが無いため適切な距離間を保つことができ、優しく接する余裕も持てるようになります。

ただし老人ホームは利用者の要介護度や容体などによって入れる施設が異なる場合がありますので注意が必要です。

老人ホームにはどのような種類があるの?どの施設に入ればいいの?という方は以下の記事を参考にしてください。

▼老人ホームなど高齢者住宅の種類を知りたい方はコチラ

高齢者住宅の全7種類を解説|費用や特徴、選び方や種類ごとの違いとは?

まとめ

親の車椅子を押す子ども
©godfather/stock.adobe.com

親が生きていてくれる限り、どのような形であっても介護をする必要があります。

健康寿命と平均寿命が短い場合を除き、介護は長期戦です。

どんなに親に恩義を感じていても、一緒に過ごしてあげたいと思っていても、介護しながら生活することは大変なことであるということに変わりはありません。

介護をする側が心身の負担によって追い詰められ人生を棒にふることにならないよう、頼れるところはとことん頼ることが大切です。
親から「あなたの人生なのに、世話ばっかりさせてごめんね」と言わせないような介護生活を目指していきましょう。

当サイトでは老人ホームの施設検索サービス「ヒトシア介護 施設ナビ」も運営しており、入居に関するご相談以外にも「親の介護について相談したいけど、どこに行けばいいかわからない」「親の介護はもう続けられないけど、どうすればいいか分からない」といった介護に関するお悩み相談も受け付けております。相談をご希望の方は、LINE@の公式アカウントを友だち追加し、トークからご連絡ください。

「親の介護費用が足りるか心配」「介護をしない兄弟がいる」「介護のために仕事を辞めようか考えている」など、介護に関する悩みをお持ちではありませんか?

「親の介護」特集ページでは、在宅介護にまつわるお悩みの解決策をケアマネジャーが解説した記事を紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

当サイトでは、介護に関する情報以外にも、終活や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。

関連する記事

記事のカテゴリ