サ高住の入居条件とは?退去のタイミングまでご紹介

©polkadot/stock.adobe.com

近年、人気で全国的に増え続けている施設がサ高住ですが、民間施設だけあって、その入居条件はそれほど高くありません。
その名の通り、高齢者に配慮されたサービスが付いている住宅で、入居するための条件は60歳以上であれば要支援・要介護・自立の方のどなたでも入居は可能です。
住宅であっても、共有スペースがあるので、他の入居者に迷惑を掛ける行為があったり、粗暴行為ばあれば退所を促されることもあります。
認知症があっても、それだけの理由で入居ができなかったり、退所を促されることはないでしょう。

夫婦で入居する場合の入居条件とは

サ高住の入所条件として、『60歳以上の高齢者+同居者』というケースも対象となります。
同居者とは配偶者、60歳以上の親族、要介護・要支援認定を受けている60歳未満の親族、特別な理由により同居させる必要がある場合があります。

上記のように、夫婦での入居を希望する場合、片方が60歳以上でなくても入居ができることもあります。

しかし、2部屋同時に部屋が空きが出ることは難しく、なかなか夫婦同時での入居は難しいでしょう。
(一室で二人が生活する夫婦部屋はあります)

夫婦で入居可能な老人ホームの種類をご紹介!二人入居の費用も解説

サ高住にいつまで入居し続けることができるのか

先述した通り、サ高住とはある程度のサービスが付いた住宅であり、それは『安否確認』と『相談支援』のふたつとなっています。
そのため、本格的な介護が必要となれば、そのまま継続して生活することができません。
このような状態になった場合には二通りの方法あります。
①本格的な介護を受けられる介護施設を探す
②サ高住に住み続けて外部の介護保険サービスを利用する
以上です。

そのまま継続して既に生活しているサ高住に住み続けるなら、『②』を選択して、デイサービスや訪問介護を利用することによって、ある程度の生活を継続させることができます。
但し、要介護4・5になり、同時に医療面でのフォローが強く求められるようになれば、介護療養型医療施設(病院)に入居(入院)したり、費用のことを考えて特養に移り住むことも選択として考えることもあります。
看取り介護に関しては、実施しているサ高住もありますが、基本的には看取り介護の実施はないと考えておきましょう。

サ高住とは?気になる費用や実態を徹底解説!【2019年最新版】

監修者:陽田 裕也

監修者:陽田 裕也監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。

関連する記事

記事のカテゴリ