ガーデニングの水やりのコツとは?おすすめの道具や留守の際の対応について

BRAD/stock.adobe.com

ガーデニングをしていると必ず行う水やり。

一見簡単そうに見えますが、実はやり方を間違えたり、水をあげる時間を間違えるとせっかくきれいに咲いた花が腐ってしまった、なんてこともあるのです。

この記事では意外と億が深いガーデニングの水やりについて、基本的なコツや時間、留守にする際の対応について解説していきます。

水やりでおさえておきたい3つのコツとは

blanche/stock.adobe.com

まずは水やりの基本的なコツを見ていきましょう。

このコツをおさえておけば、一生懸命に育てていたのに枯れてしまう…なんてことになる可能性をグッと減らすことができます。

水やりは乾いたらたっぷりと

一番最初のコツは、水やりは土が乾燥していたらたっぷりと水をあげることです。

当たり前のことではありますが、まだまだお水があるのに新しく水やりをすると根腐れの原因になったり、乾燥しているのにお水をあげなければ植物は元気がなくなったりしてしまいます。

土の表面を触ったときに乾いてさらさらとしていたら水をあげる最適なタイミングで、鉢の底から水が出てくるくらいにあげることがポイントです。

その際に、勢いよくかけるのではなくゆっくりと注いであげるように注意しましょう。

根本の土に水をあげる

水やりをしていると、とりあえず上から水をあげればOKなんて考えてしまう方もいるかもしれませんが、お水をあげるときには葉っぱやお花にかけるのではなく、土に直接かけてあげることを意識するといいでしょう。

葉っぱにかけていると土にうまく水がかからず根から水が吸収できなかったり、常に葉が塗れている状態だと菌による病気にかかりやすくなってしまう可能性があります。

受け皿にたまった水はあげる度に交換する

室内のプランターで植物を育てている場合には、プランターの下に受け皿を容易しているかと思います。

水をたっぷりとあげると、この受け皿に水がたまると思いますが、この水は小まめに捨てるように注意しましょう。

受け皿に水がたまったままの状態だと、土の中にある水分が流れる先がなくなってとどまり続け、根が呼吸をすることができずに根腐れを起こしてしまう可能性があります。

水やりに使うおすすめ3つのアイテム

それではコツを確認したところで、効率的に水やりを行うことができる4つの道具を見ていきましょう。

ジョウロ

じょうろ

Route16/stock.adobe.com

水やりといえばジョウロを使っている方も多いのではないでしょうか。

一口にジョウロといっても蓮口がついていて広い範囲に水やりができるものや、蓮口がなく狙った場所に水やりができるもの、蓮口が細くなっていて優しく水が流れるものなど様々な種類があるため、用途に使い分けて利用することができます。

ホース

BillionPhotos.com/stock.adobe.com

プランターではなく花壇や芝生などに水やりする場合には何度も水を汲む必要がないホースを利用されてる方が多いのではないでしょうか。

ホースの先についている「ジェット」や「シャワー」などで水流の調節をして、遠くに飛ばしたり、広い範囲に水やりをしたり用途に合わせて調節をできる大変便利な用具です。

3つのコツで紹介したように水はたっぷりとゆっくりとあげるのが大事なので、ホースを使う際には強い勢いで水をかけたり、葉っぱなど表面にかけるのではなく、根本に優しく水をあげるようにしましょう。

霧吹き

霧吹き

kilala/stock.adobe.com

観葉植物に葉水をしてあげる際や、種を植えたばかりで優しく水やりをしたいときに霧吹きは重宝します。

霧吹きで水やりをする際には葉がうっすらと濡れる程度にあげるとよいでしょう。

水やりをするおすすめの時間とは

光合成には水分が必要なので、水やりは午前中のなるべく早い時間に行うことが大切です。

 

夏場は気温が高く、水がなくなると植物もぐったりとしてくることがあるので夕方にも水やりをするようにしましょう。

対照的に冬場の夕方に水やりをしてしまうとそのまま気温が下がり、葉っぱが凍ってしまったり霜で根がやられてしまう可能性があるため控えましょう。

冬は水やりを毎日する必要がないケースも多く、葉や土の状態を見て乾燥していなければ水やりをしなくても問題ありません。

 

留守にしている際に水をあげる方法とは

水を上げなかった植物のイメージ

HanaPhoto/stock.adobe.com

しばらく家を空けて帰ってきたらせっかく育てた植物が枯れてしまっている、そんなことがないように外出前には必ず水やりの対策を施しておきましょう

2~3日程度の外出では外出前にたっぷりと水をあげて、日の当たらない場所に移しておけば問題ありません。

1週間ほどの長期の外出や夏場の外出で地植えの植物が不安な場合には100均で売っている自動水やり機を装着するか、鉢下の受け皿に水をためておきましょう。

花屋さんでは水やり3年といわれるほど奥が深い

水やりはだれでもできる簡単な行為に思われがちですが、見てきたように実は奥が深く「水やり3年」と水やりをマスターするのに3年かかると言われています。

水やりはきれいな花や実を咲かせ、植物を元気に育てるのに必須なので、ぜひ活用してみてください。

ヒトシア編集部

ヒトシア編集部ヒトシア編集部

ヒトシア編集部です。 シニアの方々の、これからの人生がイキイキとなるような記事を執筆していきます。 毎月、ヒトシア編集部員が旅行、趣味、健康・美容、終活、介護についての先進的な取り組みをしているサービスや企業の事例をお届けします! フェイスブックを登録するとお得な情報を素早く取り入れることができます。

関連する記事

関連記事がありません。

記事のカテゴリ