ケアハウスとは?費用や入居などをわかりやすく解説!

ケアハウスとは軽費老人ホームのうちの1つで、家族の援助を受けることができず、自炊ができない程度に身体機能が低下している、または高齢などの理由で独立して生活することが難しい方が対象の施設です。

そのため、コストをおさえて入居を検討している方にとっては、特養の代わりに「終の棲家」として利用することができます。

 

今回はケアハウスへの入居を検討している方や、ケアハウスについて詳しく知りたい方に向けた内容をご説明します。

この記事には以下の内容が書かれています。

  • ケアハウスの入居条件や費用について
  • ケアハウスに入るメリットとデメリットについて
  • ケアハウスの種類について
  • 軽費老人ホームの種類は?

では早速ケアハウスについて詳しくみていきましょう。


©godfather/stock.adobe.com

ケアハウスとは

ケアハウスはいくつかある軽費老人ホームの種類のうちの1つです。

具体的には、軽費老人ホームはA型、B型、C型、都市型の4種類に分かれており、軽費老人ホームC型をケアハウスと呼びます。

ただし、A型、B型に関してはC型に統合されていっており、数が少なくなっています。軽費老人ホームA型、B型、都市型に関しては後ほど詳しく説明していきます。

まずはケアハウスについて詳しくみていきましょう。

 

ケアハウスの運営元は地方自治体や社会福祉法人から民間企業までさまざまです。運営元が多用なため費用や要介護度など自分に合ったサービスを選ぶことができます。

ただ運営元が多用にあるということは、それだけサービス内容に違いがある施設が多くあるということなので、施設ごとに把握して質の悪い施設を避けることが大切です。

良い施設の見分け方

 

「一般(自立)型」と「介護(特定施設入所者生活介護)型」

さまざまな施設があるということでしたが、ケアハウスは大きく別けて「一般(自立)型」「介護(特定施設入所者生活介護)型」という2つに分類されています。

  • 一般型
    主に独居生活に対して不安のある軽度の介護が必要な高齢者を受け入れるケアハウスです。受けられるサービスは、食事や洗濯、掃除などです。
    介護サービスを利用する場合は外部の事業者と契約を結ぶ必要があります。
    施設によってはデイサービスが併設されているところもあります。
  • 介護型
    主に軽度から重度の要介護状態の高齢者を受け入れているケアハウスです。
    特別養護老人ホームと同程度の人員体制など整えているケアハウスでは、「特定施設利用者生活介護」の指定を受けて、要介護者に対して施設内で介護保険サービスを提供することができます。
    受けられるサービスの内容としては、入浴、排泄、食事などの日常生活の支援や機能訓練、健康管理及び療養上の支援などです。

このようにケアハウスは、軽度の介護が必要な方から重度の介護が必要な方まで受け入れられる施設となっています。ご家族が一般型か介護型のどちらに当てはまるか把握をしましょう。

 

個室の施設が多くプライバシーが守られている

次に設備の面について解説していきます。

ケアハウスの設備は、利用者が生活に必要な居室やトイレ、洗面所といった基本的な生活に必要な設備から、利用者同士がコミュニケーションをとる談話室などの施設があります。

居室は基本的に定員は1人ですが、夫婦で入居する場合(妻が夫の介護をするなど)は利用者のサービスの提供上必要であれば認められます。

夫婦で入れる老人ホームの選び方

基本的な設備は他の介護施設と変わりませんが、ほとんどが個室のためプライバシーがしっかり守られるのが特徴です。

プライバシーがしっかり守られるということは、排泄や衣類の着脱の際に見られることはありませんし、面会などで利用者や家族の情報が外部に不用意に漏れることもありませんので安心です。

 

ケアハウスの入居条件とは

一般型と介護型で入居の条件が異なります。

一般型 介護型
年齢 原則60歳以上(夫婦で入居される場合は片方が60歳以上でも可能) 原則65歳以上(夫婦で入居される場合は片方が60歳以上でも可能)
要介護度 特になし(要介護度3以上を超えると退去勧告される場合もある) 要介護度1以上

一般型は介護サービスの提供が無い代わりに入居条件を満たしやすいです。一方介護付きは要介護認定を受けている必要があります。

ただ、「一般型」と「介護型」のどちらの場合でも、利用者の対象は所得が低く、家庭環境や住宅事情など何らかの理由により、家族の援助を受けて自宅で生活することが難しい方であるという点に注意してください。

 

ケアハウスの入居費用はいくら?

電卓とクローバー
©tamayura39/stock.adobe.com

では実際ケアハウスに入居した場合、費用はいくら必要になるのでしょうか?

通常ケアハウスに入居する場合には前払金と月々の費用の支払いが必要になります。

「一般型」と「介護型」それぞれにかかる費用の目安は以下のとおりです。

一般型 介護型
前払金 0~30万円程度 数十万~数百万程度
月額費用 7万~13万円 16万~20万円

前払金は料金に幅があります。

料金の幅が広い理由としては、月々にかかる賃料をまとまったお金で払うか、月々に分割して支払っていくかを選べる施設があるためです。前払金が高ければ高いほど月額の料金が安くなります。

最初に多く支払う場合はある程度まとまったお金が必要ですが、長期の入居を考えると費用は安くなります。

また上記の表からも分かるように、介護型は要介護者を受け入れて介護サービスを提供している分、前払金・月額料金ともに一般型に比べて費用が高くなります。

 

月額費用の内訳

ケアハウスの入居費用について大体の目安料金がわかりましたね。

それでは続いて「一般型」と「介護型」それぞれにかかる月々の費用についてその内訳をみていきましょう。

「一般型」のケアハウスの月額費用について

介護型のケアハウスでは月額費用の目安は7万~13万円で、以下のような費用が必要になります。

  • 家賃
  • 食費
  • 管理費
  • 光熱費
  • 雑費

またこれに加えて、利用者に介護が必要となった場合には外部の介護サービスを利用した分の費用を負担する必要があります。

 

【月額費用の例】自立しているAさんの場合

  • 介護サービス費:0円
  • 家賃:40,000円
  • 生活費(食費+光熱費):43,700円
  • 管理費:40,000円
  • 雑費:13,000円

合計13,6700円

 

「介護型」のケアハウスの月額費用について

介護型のケアハウスでは月額費用の目安は16万~20万円で、以下のような費用が必要になります。

  • 家賃
  • 食費
  • 管理費
  • 光熱費
  • 雑費
  • 介護サービス費

一般型とは違い、介護型のケアハウスでは施設のスタッフによる介護サービスが提供されていますそのため利用者は要介護度に応じた介護サービス費を施設に支払うことになります。

 

【月額費用の例】要介護度3のBさんの場合

  • 介護サービス:20,900円
  • 家賃:40,000円
  • 生活費(食費+光熱費):43,700円
  • 管理費:40,000円
  • 雑費:13,000円

合計15,7600円

 

※管理費とは施設を運営するための人件費です。施設ごとに名称が違い事務費などと表記される場合もあります。

以上のように基本的には介護サービス費が含まれるか含まれないかの違いとなっております。

入居一時金を払うか払わないかなどにより月々の料金が大きく変わります。まとまったお金が払えない場合でも入居一時金0円のケアハウスもありますので、確認してましょう。

 

介護保険の適用範囲は?

ケアハウスにおいては介護型の介護サービス費のみ介護保険が適用されます。

その他の家賃、生活費、管理費、雑費などは全て介護保険の適用外です。

ただし、一般型のケアハウスなどで利用者が必要に応じて外部の介護保険サービスを利用する場合には介護保険が適用されます。

 

ケアハウスに関するQ&A


©jedi-master/stock.adobe.com

入居はすぐ可能ですか?入居待ちなどはありますか?

一般型と介護型で入居のしやすさが違います。

一般型はすぐに入居できる場合が多いですが、介護型は低価格で介護サービスを受けられるということもあり、入居待ちが多い施設となっています。

介護型を希望の際は、半年以上入居待ちになる施設も多いので、あらかじめ体験入居や見学などに行っておくのがよいでしょう。

体験入居の際の注意点

見学時に確認しておきたいこと

 

施設内の医療・看護体制はどうなっていますか?

ケアハウスは医師の常駐義務がありません。

そのため、医師による病気の診断や看護師による注射などの医療行為はすべての施設でできるとは限りません。

一般型ケアハウスの利用者様が訪問介護事業所と利用者本人と直接契約を結ぶことによって、たん吸引医療行為を受け取ることが可能です。

 

ケアハウスにはいつまで入居できるの?

一般型と介護型で異なります。

一般型のケアハウスでは利用者の要介護度が3以上になった場合、ケアハウスを退去して他の施設に移る場合が多いです。

介護型のケアハウスでは本人(またはご家族)が希望すれば看取りまで対応してくれるケースもあります。

しかし、胃ろうなどの医療行為が必要になった際に対応できないケアハウスから退去を促されるという場合もあります。

このような理由での退去を未然に防ぐためにも、入居を検討しているケアハウスがどのような医療行為に対応しているかを調べておくことが重要です。

 

退去勧告を受けた場合の対応は?

退去を促された場合には次の介護施設を探さなければいけません。

ただ退去勧告を出されてもすぐに退去する必要があるわけではなく、90日間の猶予が渡されますのでその間に次の施設を探しましょう。

もしその間に施設が見つからなければ、これまで利用していた施設に相談することをおすすめします。ショートステイやデイケア、介護サービスがついている施設に移行をしてもらえる場合があります。

退去勧告で慌てないために

 

ケアハウスのメリットとデメリット

3つのメリット

ケアハウスは費用や要介護度などの面からメリットがあります。

ここでは、ケアハウスの特徴からメリットをご説明したいと思います。

メリットは主に3点あります。

  1. 介護型なら要介護度が上がっても退去しなくていい
    介護型は要介護度3以上でも利用し続けることが可能です。本人が望めば、看取り介護も可能です。
    しかし、特別な医療行為が必要になった場合、利用者の体調を慮って退去を求められることがあります。
  2. プライバシーが守られている
    多くの施設は個室で、プライバシーがしっかりと守られるから、利用者が排泄や服の脱衣などを見られることはないのでストレスが溜まりませんし、他の利用者の家族が入ることもないので家族や利用者の情報が外に漏れることもありません。
    多床室の施設を好まない人はお勧めです。
  3. 利用者が入れる幅が広い
    一般型と介護型を幅広く見れば、要介護度1~5までの方が入居することが可能です。
    そのため、施設の種類が多く、ご家族に会った施設が見つかりやすいです。

2つのデメリット

上記のようなメリットがある一方で入居待ちが多かったりサービスの差が大きいなどのデメリットもあります。詳しく確認をしていきましょう。

デメリットは主に2点あります。

  1. 施設によるサービスや設備の差が大きい
    運営主体が社会福祉法人、地方自治体さらには民間事業など様々あるため、受けられるサービスは施設による差が大きいです。
  2. 介護型は入居一時金がかなりかかる
    介護型ケアハウスの入居一時金は数十万円~数百万円かかります。ある程度まとまったお金が必要になります。
    しかし、入居一時金がいらない「都市型ケアハウス」もありますので、そちらを確認してください。

 

軽費老人ホームの種類について

冒頭でもふれた通り、ケアハウスは「軽費老人ホーム」という施設の内の1つです。

軽費老人ホームにはA型、B型、C型、都市型の4種類があります。

ここではA型、B型、都市型を含めた「軽費老人ホーム」の種類とそれぞれの特徴を解説していきます。

なお、軽費老人ホームA型、B型は1990年以降設立されていません。

現在もC型(ケアハウス)しか新設されないため、軽費老人ホームはC型(ケアハウス)に統一されていきます。

 

軽費老人ホームA型とは

月収が34万円以下であり、独立生活に対して不安のある高齢者を受け入れています。

軽度の介護が必要な高齢者に対して食事の提供や日常生活を送るうえで必要な援助をおこないます。設備には利用者が食事をするための食堂や入浴するための入浴施設があります。

ただし介護サービス提供はありません。

食事介護
© japolia/stock.adobe.com

軽費老人ホームB型とは

入居条件はA型とほぼ同じで、軽度の介護が必要な高齢者を受け入れています。

A型は違い、所得制限がないため、入居できる方の幅が広い点です。

ただし食事提供がないため、入居ができるのは自炊ができる人のみになります。

介護サービスの提供もありません。

 

ケアハウス(軽費老人ホームC型)とは

ケアハウスの場合はA型、B型と異なり、利用者が介護を必要とする場合、介護サービスを受けることが出来ます。

 

都市型軽費老人ホーム(都市型ケアハウス)とは

近年、都市部で急速に進む高齢者の増加に対応するために通常のケアハウスより前払金や月額費用が抑えられた「都市型軽費老人ホーム(都市型ケアハウス)」が設立されています。

都市型ケアハウスは前払金がかからず、月額費用が10万~12万円と一般的なケアハウス(月額費用13万円程度)と比べて安くなっているため、所得が少ない方でも利用しやすくなっています。

しかし、日本全国に75棟しか設立されていないことや、一施設定員が20名までとなっていることから入居できる人は多くないのが現状です。

 

参考:施設をお探しの方へ 東京都福祉保健局

 

まとめ

 

軽費老人ホームはA型、B型、C型の種類があり、C型のケアハウスを中心に今回は紹介しました。

ケアハウスはどの要介護度でも入りやすく、月額費用が比較的かからないため、経済的に負担のある人でも入りやすくなっています。

下記にケアハウスの一覧を掲載しておくので、いくつか気になる施設の候補を上げておきましょう。

しかし、月額費用が安い分人気が高く、入居待ちが多いケアハウスもあります。

もし、お近くに気になる施設がなかったら、有料老人ホームも検討してみるとよいでしょう。

「有料老人ホーム」の検索ページ

 

監修者:陽田 裕也

監修者:陽田 裕也監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。