老健とは?費用やサービス、入居条件まで徹底解説

老健は正式には介護老人保健施設と呼ばれ、

要介護認定を受けた方のうち、病状が安定しており入院治療の必要がない方が再び家庭で生活をおくれる(在宅復帰)ように支援する介護保険施設です。

医療的な支援や機能訓練(リハビリテーション)をおこないながら、同時に介護もおこないます。

ここでは老健のサービスの特徴やメリット・デメリット、特養(特別養護老人ホーム)との違いなどをまとめていきます。

 

介護老人保健施設でのリハビリ
©DragonImages/stock.adobe.com

老健の役割とサービスの特徴

老健はどのような役割をもち、どのようなサービスを提供する施設なのでしょうか?

あらためて少し詳しく紹介していきます。

 

老健の役割

老健の運営主体は医療法人が約73%、次に社会福祉法人で約16%となっており、主に非営利法人(公益法人)により介護サービスが提供されている介護施設になります。

介護施設は要介護認定を受けた高齢者の方を対象としていますが、

老健は要介護認定を受けた人のうち、病状が安定している方が利用する施設であり、病院から自宅への経由地点のような役割をしています。  

 

老健で受けられるサービス

老健では「家庭での日常生活」への復帰を目指すためサービスを中心に提供しています。

具体的には食事・入浴・栄養管理などの日常的な支援のほか、看護師による医療的な支援や理学療養士などによる機能訓練(リハビリテーション)などをおこないます。

また、基本的なサービスに加えて充実したサービスを提供するために取り組んでいる施設もあります。

ただし、長期の滞在を想定しておらず、「在宅復帰できるかどうか」など3ヶ月ごとに入所の判定をおこないます。

そのため入居可能な期間は原則3ヶ月~長くて1年程度であると想定しておきましょう。  

 

サービスの充実度による施設分類

平成30年の介護報酬改定によって施設類型が大きく再編され、「在宅復帰・在宅療養支援等指標」により、老健は「超強化型」「在宅強化型」「加算型」「基本型」「その他型」の5つに分類されています。

指標で示されている点数の合計値が高い方が設備が整っており、自宅への復帰率も高いということになります。

つまり「超強化型」老健が一番退院率が高いです。

ご希望の老健がどの型に分類されているのかも、施設を選ぶひとつの基準になるのではないでしょうか。

 

参照:在宅復帰・在宅療養支援等指標  

 

居室のタイプは主に4つ

居室のタイプは「多床室」「個室」「ユニット型個室」「ユニット型準個室」の4タイプが基本となっています。

どのタイプの療養室であってもベッドやタンス、ナースコールが設置されています。

  • 多床室(4人以下):8㎡以上
  • 個室(ユニット型含む):10.65㎡以上

参考:介護老人保健施設の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準  

 

入居条件は?あくまでも目的は機能回復

老健に入居するためには、以下のような条件があります。

  • 原則65歳以上の方(16種類の特定疾患により介護認定を受けている場合は40歳以上で入居可能)
  • 要介護度1以上を受けている方
  • 機能回復を目的としているため、短期の入居でも可能な方
  • 施設によっては「感染症」「病状」「入院治療の必要性」も判定基準に

ただし、「看取り」を前提とした入居者を受け入れている場合などの例外もありますので、各施設ごとに確認する必要があります。

入居を拒まれるケースについて詳しく知りたいという方は以下の記事で詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。

参考:介護施設を利用する前に必読!受け入れ拒否されないために知っておきたいこと!  

 

老健に入居するには費用はいくらかかる?

老健は介護保険が適用される施設であり、入居にかかる費用は比較的安い費用となっております。

ここでは老健の入居にかかる費用についてみていきしょう。

ぶたの貯金箱

初期費用なし!

老健は公的な機関によって運営される介護保険施設であるため、初期費用はかかりません。

「介護施設に入りたいけどまとまったお金がない」

という方でも安心して入居することができます。

 

月額費用の目安

居室の形態によって値段は変動するものの、月額費用は7~13万と比較的安いものになっています。

この費用には投薬や注射、採血検査など日常的な医療行為の費用も含まれています。

これに加えて、施設のリハビリテーション設備・体制や介護サービスによっては月額費用に加算されることがあります。

またその他洗濯代、日用品、電話代などの生活費を実費で負担する場合もあります。

ただ、所得や貯金額によっては食費と住宅費を公費で負担してくれる「介護保険負担限度額認定証」の交付を受け、費用をおさえることができます。利用には申請が必要なので注意しましょう。  

老健に入居した際の具体的な費用イメージや減免制度についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

参考:老健の入居にかかる費用の目安は?サービス加算や減免制度も徹底解説

参考:介護保険施設における日常生活に要する費用の取扱いについて  

 

老健のメリット・デメリットとは?

老健はどのような方に適しているのでしょうか。

ここまで老健についてみてきたことを踏まえて、メリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

血圧計、薬などの医療体制

医療支援を提供する環境が整っている

老健は「介護老人保健施設の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準」によって以下のような人員配置をすることが義務付けられており、24時間看護師または介護職員を常駐している施設です。

  • 医師、介護支援専門員(ケアマネジャー)を入居者100人に対し1人以上
  • 栄養管理士を入居者100人以上の場合1人以上
  • 看護、介護職員を入居者3人に対し1人以上

そのため入居者はいつでも健康管理や応急処置程度の医療行為が受けられる体制の下で生活することができます。  

 

リハビリテーションの体制が整っている

老健は「生活習慣の維持」「日常生活動作の維持・改善」のための機能訓練の実施が義務付けられています。

その規定に沿って、理学療法士(または作業療法士・言語聴覚士)などのリハビリテーションの専門職員が入居者100人に対して1人以上常駐し、サービス計画書(入居者ひとりひとりに合わせた施設での目標)に基いて短期集中的なリハビリテーションを実施しています。

またリハビリテーション設備が充実、リハビリテーションを目的としたレクリエーションの実施など施設での生活全体が生活訓練を促すものになっています。  

在宅復帰を目指せる

老健の基本方針は「入所者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにすることとともに、その者の居宅における生活への復帰を目指す」ことです。

施設はこの方針に従って入居者に対し状況に合わせたサービスを計画する他、住宅改修をはじめとする家庭環境の相談をおこなうなど、在宅復帰後まで見据えたサポートをします。

また、加算型・強化型の老健においては退去後も8割以上が状況確認を実施しフォローを行うなど、退去後も家庭での日常生活を支援します。  

 

比較的安価で利用可能

老健は入居時の初期費用がかかりません。

また、特養に比べると若干値段はあがるものの、介護をうけられる居住施設のなかでは比較的利用料が安いのが特徴です。

参考:社保審-介護給付費分科会「介護老人保健施設」  

 

デメリット

カレンダー
©sum41/stock.adobe.com

短期間の滞在が原則

あくまで在宅復帰を目指した支援をおこなう施設であるので、短期滞在を想定しています。

入所判定も3ヶ月ごとにあり入居可能期間も決められているため、基本的に長期間利用することはできません。

実際には、老健の平均在所日数は311日と原則(3ヶ月~6ヶ月)より長くなってはいるものの、特養の平均在所日数1,405日と比べると利用目的の違いがわかるでしょう。  

個室が少ない

多床室が84%(特養 62%)を占めており、個室がとても少ないです。 そのため個室がいい場合でも空きがないことが多く、利用できた場合でも基本料金が高くなります。

参考:全国老人保健施設協会「介護保険と老健施設」  

 

生活支援が手薄

食事・入浴・排泄などの身体介護は提供されますが、洗濯については家族に持ち帰っていただくか業者への依頼が必要となります。

買い物代行をおこなっていない施設もあります。  

 

医療保険の適用が受けられない

老健においては介護保険の範疇で医師からの診断・薬の処方などの日常的な医療サービスが行われており、医療機関での受診を受けたい場合は施設と契約している医療機関を利用することになっています。

老健に入居したまま他の医療機関を受診した場合、医療保険が適用されないこともあります。

そのため入居施設を決める際には、主治医と相談して施設選びをしましょう。  

 

老健での1日の過ごし方とは?スケジュール例を紹介

一般的な施設のスケジュールを参考に一日の流れをご紹介します。

スケジュールの例

  • 6:00~ 起床
  • 7:30~ 朝食・健康チェック・口腔ケア
  • 9:00~ 個別リハビリテーション・入浴
  • 12:00~ 昼食
  • 13:00~ レクリエーション・集団リハビリテーション
  • 15:00~ おやつ
  • 18:00~ 夜食・口腔ケア
  • 20:00~ 就寝

このように、入浴・食事といった介護サービスに加えて、1日を通してリハビリテーションやリハビリテーションを目的としたレクリエーションが行われていることがわかります。  

参考:1日の流れ | 入所のご案内 | 介護老人保健施設 加瀬ウェルネスタウン

参考:一日のスケジュール | 一日のスケジュール | 米津老人保健施設  

 

みんなが知りたい疑問を解決 Q&A

 ここからは老健についてよく聞く疑問について答えていきます。

 

Q.一度入居したら看取りまでずっといられるの?

A.老健は機能訓練(リハビリテーション)や医療的な支援をおこなうことで入居者の在宅復帰を目指す施設であるため看取りは原則おこなっていません。

しかしながら、現在64%の老健は終末期に入った入所者に対して看取りを行っていると回答しています。

また「ターミナル加算」が認められたことにより、施設によっては看取りをおこなうことを前提として入居者を受け入れている場合もあります。

参考:「平成 27 年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査」  

 

Q.退所を迫られることはないの?

A.あります。

老健に入所している際に長期入院をすることになれば施設側が医療費を払わなければいけません。

そこで施設側は利用者に対し退所手続きと医療機関への移動を促されることになります。

また、在宅強化型老健のなかには、上記で紹介した「在宅復帰・在宅療養支援等指標」の数値要件を上回るために半強制的に退所を迫る施設もあります。

参考:老人ホームからの退去勧告で慌てないために知っておきたいことまとめ  

 

Q.老健と特養の違いは?

A.施設の目的が異なります。

老健は身体の機能維持・回復を図り入所者の在宅復帰を目指す施設です。

対して、特養は入居者が可能なかぎり在宅復帰できることを念頭におきつつ、すぐ在宅へ戻ることに不安を感じる入居者に対して、生活全般の介護を提供する施設となっています。

そのため、さまざまな項目で違いがあります。 特養と老健の違いについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

参考:施設を選ぶ前に読んでおきたい!特養と老健の違いとは?  

 

Q.老健でもショートステイってできるの?

A.老健は短期入所療養介護の指定を受けることができるため、ショートステイを併設して運営をおこなっているところもあります。

利用内容については入所者とほとんど変わらず、介護・看護や機能訓練などのサービスを受けることができます。

参考:ショートステイとは?|短期間、介護に休息を。ロング利用の日数も解説  

まとめ

老健は日常的な医療ケアやリハビリテーションのサービスが受けられます。

ただし病院ではないので専門的な医療治療はおこなえません。

長期の入院が見込まれる場合や病床の悪化した場合には退所勧告が出されることもあります。

また入居希望者が多い施設であるため、だんだん満床になり入りにくくなっていますので、老健への入居待ちをしている間にはいれるような有料老人ホームなども候補に入れて調べておきましょう。

 

監修者:陽田 裕也

監修者:陽田 裕也監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。