老人ホームのリハビリについて内容や役割まで解説!【ケアマネジャー監修】

リハビリと聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

介護の現場では主に、心身機能を維持・改善させるという意味で使用され、機能訓練とも呼ばれたりします。

骨折して手術後にリハビリテーションを行なう場合と、在宅や施設で今できている食事、入浴、排泄などをなるべく継続して行えるようにする場合があります。

施設に入居して生活する場合、どのようなリハビリテーションがあるのかを解説していきます。

老人ホームでのリハビリ専門職の役割とは

©DragonImages/stock.adobe.com

リハビリテーションは専門家が行なうとイメージがあると思いますが、実はそれだけではありません。

ここでは、入居者の身体に触って実施するリハビリテーションについて細かく解説し、他にどのような役割があるか解説します。

直接機能訓練に携る

リハビリテーションの専門職が入居者の身体に触れて直接実施します。

筋力アップを目的とした歩行訓練などの他に、麻痺のある人に対してどのような歩き方で歩けばスムーズに足が運べるか伝えたりします。

拘縮(関節や筋肉が固まって動かなくなる)が進行しないようにマッサージをしたり、骨格が変形するなどして身体に負担がかかることによって、肩こりや腰痛のある方には筋肉をほぐすこともします。

補助具や福祉用具、装具の選定

例えば片麻痺の入居者に対して、筋力アップのリハビリを行なったとします。

しかし、それだけでは歩くことはできません。

特別な靴(装具)を履いてもらい、身体の左右のバランスを整えて実際に歩けるようにする必要があります。

そこで、どのような装具を利用すれば本人の能力を最大限発揮した生活が送れるか、考えるのも専門職の役割なのです。

他の職種への助言

介護の現場ではとても重要なことです。

リハビリテーションの専門職の方がいくら一人で頑張っても限界があります。

そこで必要になるのは、対象となる入居者にどのように関わるのかを他の職種に伝える必要があります。

例えば、足の筋力トレーニングをしている人に対して、車椅子からベッドに移乗(移動)する場合、どのような介助方法で行なうか介護スタッフに助言したりするのです。

大切なことは、対象となる入居者に対して様々な職種が同じ目的・目標を持って携ることなのです

リハビリを行うことができる老人ホーム

リハビリテーションを実施してくれる老人ホームをご紹介します。

それぞれの老人ホームで少しずつリハビリテーションの目的や内容が違ってきますので、その辺りに注目してご覧下さい。

介護老人保健施設

専門のリハビリスタッフの配置が義務付けられおり、在宅に帰る事を最大の目的として実施してくれます。

実際には、在宅に戻れるまでの機能回復は難しく、別の施設に移動する場合もありますが、リハビリテーションについては期待が持てる施設のひとつです。

老人保健施設のリハビリテーションの専門職は、理学療法士や作業療法士などの専門資格を持ったスタッフが対応してくれます。

平行棒を使って下肢筋力の維持・向上を目指してくれたり、関節などが硬くならないようにマッサージなどをしてくれます。

出典:リハビリテーションにおける理学療法士の役割

介護老人保健施設についてはこちらの記事で詳しく書いているのでぜひご覧ください。

介護老人保健施設(老健)とは?サービスや入居条件、費用まで徹底解説

 介護療養型医療施設

こちらは病院に分類され、医療依存度の高い方が入院されています。

ある程度心身状態が安定すると、リハビリテーションを行なってくれます。

最初はベッドから離れ、車椅子などで外に散歩に行ったり、食堂などで食事を食べることからスタートします。

次第に、慣れてきたら機能訓練計画書に基づいて、個々人の心身状況に合わせた専門的なリハビリテーショーンへと移行していきます。

そのまま在宅に戻れるケースもありますが、他の施設に移る場合には、そちらの施設でスムーズに生活が送られるようにリハビリテーションをしてくれます。

【初めての方必見!】介護療養型医療施設に関する費用や入院期間などの疑問を一挙解説!

特別養護老人ホーム

終の棲家として有名で人気のある特別養護老人ホームは、原則要介護3~5の方が入所の対象となります。

そのため、多くの人は車椅子生活あるいは寝たきりの方になります。

入居されて時点で、ある程度その方の機能は安定しており、積極的なリハビリテーションを行なったとしても、歩けない人が歩けるようになったり、自分で食事を口まで運べない人が運べるようになるのは稀です。

どちらかと言えば、現状の心身機能を維持させるか、緩やかに低下するように支援することがリハビリテーションの目的になります。

専門スタッフによるリハビリテーションも行なわれますが、介護スタッフなどによって生活のなかで『出来ることはなるべく本人にやってもらう』という考えの基、普段の介護を行なってくれます。

【2019年度最新版】特別養護老人ホーム(特養)の費用や入居条件

有料老人ホーム

有料老人ホームの種類にもよりますが、専門のスタッフが常勤で配置されている施設もあります。

多くの場合、既に生活している有料老人ホームで生活が安定しているケースが多く、既に失われた機能を取り戻すような積極的なリハビリテーションは行なわれい場合が多いです。

潜在能力を引き出すような簡単な訓練を行うことで、全く下肢に力が入らない人が少しだけ力が入るようになったいう事例はあります。

【必見】有料老人ホームとは?費用や入居条件について徹底解説

老人ホームで行っているリハビリの内容とは

実際に老人ホームではどのようなリハビリテーションが行なわれているか解説します。

リハビリテーションの専門家

老人ホームでリハビリテーションの専門家として勤務している人たちをご紹介します。

理学療法士

機能訓練と言えばこの資格を連想する方は多いと思います。

その方の現状を専門的視点で分析し、リハビリテーションの計画書を作成します。

その計画書に添って、対象となる利用者の心身機能の維持・向上を目指していきます。

具体的には、下肢筋力にスポットを当てた歩行訓練を行ったり、対象者の身体状況にあった装具を選定できるように助言を行なってくれます。

作業療法士

より生活に近い視点でリハビリテーションを行なってくれます。

例えば、車椅子から便座への移動が難しい場合、どのような位置に手すりを設置すればスムーズに行なえるか、足の運びを左右どちから行なえば良いをアドバイスしてくれます。

もちろん、理学療法士のように直接身体に関わってくれて、訓練を行ったりもしてくれます。

精神面でのリハビリテーションが必要な方にも適切な助言をしてくれます。

言語聴覚士

言葉を発することや、食べることに焦点をあてたリハビリテーションを行なってくれます。

例えば高齢者の場合だと、食事を口に入れて噛んで(咀嚼)、飲み込んで(嚥下)、胃まで運ぶ機能が衰えてきます。

若い人なら食事はスムーズですが、高齢になれば誤って胃の方に入らず気管の方に流れ込んでしまい、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

そのような誤嚥性肺炎を予防するような訓練や体操を行ってくれます。

柔道整復師

『〇〇治療院』など名前を出して、肩こりや腰痛の治療ができる資格です。

介護の現場でも関わりがあり、リハビリテーションをしてくれます。

柔道整復師は主に関節や筋肉の動きを見ながらマッサージを行い、加齢によって筋肉が伸びくなった部分を伸ばしてくれます。

筋肉が縮むと関節まで硬くなり、日常生活に支障がでますのでそれが維持・改善できます。

要介護度別おすすめの老人ホームとは

要介護1~2

介護が必要でも比較的軽度な要介護1や2の方は、まだまだリハビリテーションの効果が期待できる段階です。

有料老人ホームなら比較的軽度な入居者が多いため、現在の心身機能を配慮して上で機能訓練計画を立案し、それに添ったリハビリテーションを実施してくれます。

例えば、自分で歩行はできるけど前傾姿勢になり足を引きずるような動きだとします。

筋力をアップさせることにより杖や歩行器に頼ることなくスタスタと歩けるまでに改善する見込みがあるかもしれません。

もちろん、リハビリテーションの専門職は本人に無理をさせない範囲で、地道に訓練をしてくれます。

要介護3~4

車椅子での生活が主体となる方が多いのが要介護3や4です。

車椅子生活でもトイレで便座に移動する際には足に力を入れることができたり、食事は自力で口まで運ぶことができりするレベルです。

なにもリハビリテーションをしないで放置していると、どんどん機能低下していくのですが、専門スタッフが介入したり、日々の介護で残存機能を上手く活用できるように支援することによって、現在の機能を維持させることが出来る可能性を秘めています。

介護老人保健施設特別養護老人ホームなら、著しく機能が低下しないように生活のなかでのリハビリテーションを取り入れて介護をしてくれます。

要介護5

自分で食事ができなかったり、寝たきり状態になってしまうのが要介護5です。

特に寝たきり状態になってしまえば、「もうどうにもならない・・・」と考える場合もあるかもしれません。

しかし、人間生きている間は機能訓練として支援をすることによって、現在の生活を少しでも維持させることができるのです。

ベッドの上で右や左を自分で向くことができない状態なら床ずれが出来ないように、クッションを使い体圧が一ヶ所にかからないようにしなければなりません。

そのような方に対しては、どのようにクッションを使えば床ずれ予防になるか専門スタッフによって考えてくれます。

療養型医療施設(介護医療院)特別養護老人ホームなどで実施してくれます。

【クッション使用例(ポジショニング)】

出典:側臥位でのポジショニング例

まとめ

介護現場でのリハビリテーションは、一度失われた機能を完全に取り戻すようなことはあまり行なわれません。

加齢によりどんどん機能が低下していくことに対して、少しでも維持できるようにするのが一般的です。

その方の心身状況によっては、機能が回復する場合もありますので、専門のスタッフにより分析してもらい、計画の立案、実施を行なってくれます。

要介護度や心身状況によってリハビリテーションの内容は異なりますので、どのような老人ホームに依頼するば良いか少しでも参考になれば幸いです。

 

監修者:陽田 裕也

監修者:陽田 裕也監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。