介護で夜中に起こされるのはもう嫌だ!原因と対策、施設への入居について解説

「介護をしていると夜中に何度も起こされて家事などに手が回りません。もう限界です。」

「介護をしていて、トイレに行きたいという理由で起こされる。なぜ私だけが起こされないといけないの…」

などと感じた経験はございませんか。

ケアマネジャーに対してインターネットで行った「在宅介護における睡眠実態調査」というアンケートでは、ケアマネジャーが家族から「夜中に介護の疲労や負担について相談を受けたことがある」と回答した割合は89.6%にのぼります。

また、同調査では夜中の介護で同居する家族から「自身の眠りに関する相談を受けたことがある」と回答したケアマネジャーは73.8%にものぼり、多くの人が夜中の介護を原因とした睡眠不足・疲労に悩まされていることがわかります。

そこで、この記事では夜中に介護で起こされる理由や対処法などを解説していきます。

夜中に起こされる理由は?

©siro46/stock.adobe.com

夜中に起こされる理由として、転落していないか見回りをしたり、トイレについていったりなどの様々な要素が考えられますが、ここでは主に3つの理由をご紹介致します。

排泄で起こされる

夜中に頻繁にトイレ介助のために起こされ、ひどい時には1時間に1回起こされることもあります。

夜中に目が覚めてしまいトイレに行ったかどうか心配になり、本当はトイレに行きたい気持ちがなくても、心配でトイレにいきたくなってしまうからです。

身体の向きを変えるために起こされる

寝たきりの要介護者の方は夜中に体位を変えてほしいと言うことがあります。

これは自分の意思で体制を変えることが困難で、身体の同じ部位に圧が加わると痛みを感じるからです。

「体位が安定しているので問題ないのではないか?」と思われる方もいるでしょうが、体位をそのままにしていると床擦れになる可能性があります。

床擦れは長時間同じ体勢で寝ていた場合、体重で皮膚が圧迫され血行が悪くなることにより、圧迫された部分が壊死することです。

床擦れを防ぐためにも夜中に2~3時間おきに体位を変えなければなりません。

精神的に不安定で落ち着かない

認知症や精神疾患により精神的に不安定になり、ソワソワして落ち着きがなくなることもあります。

そうなると、人によっては幻聴や幻視の症状が起きたり、誰もいないことに対して不安になったりしてしまい、家族を起こして助けを求めるようになります。

特に困るのが、意識がはっきりしないまま、ベッドから起きてフラフラ歩くような行動です。

本人に力があると、家族では対応するのが難しくなり、夜通し家族も寝ないで起きていることもあります。

身体に痛みや痒みなど異常を感じている

高齢者は身体の様々な部位に痛みを感じています。

腰、膝、頭などが多く、その原因は、神経痛や関節痛、リュウマチなどもあります。

我慢することもできず、「薬を飲まして欲しい」「湿布を貼って欲しい」などの要望があり、家族を起こしてしまうのです。

また、高齢者は体内の水分が不足する傾向にあり、皮膚が乾燥していますので、痒みを訴えることが増えます。

もちろん、痒みがあると皮膚を搔きむしりますので、出血する場合もありますので、そのような意味でも家族は心配になるでしょう。

夜中に起きることで本人が受ける悪影響

©tamayura39/stock.adobe.com

単に、家族だけが辛さから開放されたら良いという話ではありません。

夜家族が起こされて辛いのはもちろんですが、本人にも悪影響があります。

ここでは、本人の身体にどのような悪影響が出るのかを解説致します。

生活リズムが崩れて認知症が進行する

認知症の高齢者にとって一日の生活リズムは重要です。

夜中に起きている時間が長くなると、自然に日中ウトウトして眠る時間も増えてきます。

そして、最終的に昼夜逆転となり、完全に生活リズムが乱れてしまいます。

そうなると、時間が分からなくなったり、食事を食べたかも分からなくなったりします。

「休むべき時間に睡眠をとる、起きるべき時間に活動する」といった生活リズムが確立されないと、交感神経と副交感神経のバランスも崩れて、身体全体にも不調が出てきます。

夜中に起きることのイライラから精神面が不安定になる

夜中に起こされて不眠になる家族も辛いですが、眠ることができない本人も辛いことは押さえておきましょう。

私達元気な人でも夜眠れないと次の日は何となく疲れやすいし、イライラしてしまいます。

これは、認知症などがある高齢者でも同じで、不眠から精神状態が不安定になります。

怒りっぽくなったり、些細なことでも落ち込んだりしやすくなり、日中に健康な状態で生活を送れなくなるのです。

日中の眠気が発生して転倒・転落のリスクが高まる

夜に眠れないと次の日は、注意散漫や集中力がないなどの症状がでます。

そして、日中でもボーっとしてウトウトしてしまうので、歩行中の転倒や転倒のリスクが高くなります。

車椅子の場合でも、座っている状態からお尻が床にずり落ちてしまうケースがあります。

転倒や転落は骨折の原因になりますので、最悪の場合には歩けていた人が歩けなくなる可能性もあります。

夜中に起こされないための対処法

©hikastock/stock.adobe.com

では、夜中に起こされる理由の対策方法を4つご紹介いたします。

トイレ介助の対処法

トイレ介助の方法はまず寝る前に過度な水分摂取を控えてもらい、夜中にトイレが近くなりにくくなる状態にしましょう。

もちろん水分を控えすぎると脱水症状を引き起こす可能性がありますので、1日に必要な水分摂取量1500mlあたりで抑えるようにしましょう。

しかし、この対策をおこなっても、何度も夜中に起こされる可能性があります。その場合は、おむつを履いてもらうという方法もあります。

ですが、介護者の方の中には「おむつなんて恥ずかしい」、「まだそんな状態ではない」と言う方もいます。

その場合、本人の意見を聞かないで無理矢理おむつを履かせることをしてはいけません。その事実がショックで着替えや食事、入浴などの日常行為を拒否するパターンもあります。

そのため、「今まで通りの生活を送ってほしいから」、「まだまだこれからも元気でいてほしい」など相手の自尊心を傷つけることなく、おむつを履かせることを促しましょう。

また、おむつを履かせた場合、排泄があった後排泄物が要介護者の皮膚に触れて、オムツを交換して欲しいと言われたり、排泄物が出そうで出ないから何とかして欲しい等の訴えがあったり、

夜中に起こしたりすることがあります。

その場合はおむつのつけ方や吸収性の高いパットを使用すれば解決することができるかもしれません。

デイサービスなどの施設を利用している方であれば、施設の方に直接聞いてみましょう。

デイサービスに通われていない方はむつき庵などの介護施設がおむつのつけ方の研修を行っているので問い合わせてみるのもいいかもしれません。

参考:紙おむつを使い始める前に

参考:介護拒否の原因と対応、改善策

身体の異常を感じる原因を取り除く

ここでの身体の異常とは、痛みや痒みのことを指しています。

痛みも痒みも、その原因となるものは何かをはっきりさせておく必要があり、医療機関を受診して処方された薬等で対応しましょう。

痒みの場合は、高齢者特有の皮膚の乾燥によるものが多いです。

しかし、異常に痒みを訴える場合は、皮膚の病気も考えられます。

特に、『疥癬』という病気は免疫力が落ちた高齢者に対して、ヒゼンダニという種類のダニが皮膚にトンネルをつくるのです。

治療にも時間がかかり、特別な対応をしなくてはなりませんので、異常に痒みを訴える場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

参考:疥癬(かいせん)を正しく知りましょう

精神的に安定できる環境をつくる

環境面では、寝室を暗くして心地よい匂いを感じられるようにすることが大切です。

後は、湿度や温度の調整です。

高齢者は寒がりの方が多い傾向にありますが、それでもそれぞれ温度の感じ方は違います。

冬でも暑がりの人はいますし、夏でも寒がりの人はいます。

本人に合わせた寝具を選択して、心地よく睡眠に導くようにしましょう。

『1/fゆらぎ』という音を耳にすることによって、精神状態が安定するので、CDなどを流すと熟睡できる場合もあります。

1/fゆらぎの音声がここから聴けます。

福祉用具を活用する

高齢者は関節が変形して、関節の角度によって痛みを感じる場合があります。

そのような場合にはクッションを利用します。

クッションは足の関節に挟んで体圧を分散させ、身体の一部を浮かせるために使用します。

身体の向きを固定するためのクッションも、介護専用のものが販売されています。

ベッドの硬さに工夫がされているものや、空気で身体の圧を分散させるエアマットなどもあります。

福祉用具を活用することで、質の高い睡眠を維持できるのです。

出典:体圧分散用具は、どのように選択する?

昼寝をさせ過ぎないようにする

要介護者に昼寝をさせないことが大切になります。

そのためにも、12時~16時あたりは確認をする回数を多くして、コミュニケーションを取った方がいいです。

コミュニケーションを取る以外にも、夜中に起きないために良質な睡眠を取ることも大事です。デイサービスに通ってもらったり、一緒に買い物に行ったり、散歩などの運動をしたりしましょう。

そうすることで、日中はある程度の疲労感を与え、夜になると睡眠できるようになります。

しかし、買い物や散歩など行ったりした場合、疲れて昼寝をする可能性があるので、日中はコミュニケーションを取るなどして対策をしましょう。

夜間対応型訪問介護を利用する

上記のような対策を試みたものの、家族や親族の方から理解を得ることができず手伝ってもらえなかったり、おむつをうまく履かせることができなかったり、昼に見回りをする時間が取れなく夜中に起こされたりする場合もあります。その時は夜間対応型訪問介護を利用してみましょう。

夜間訪問対応型介護は利用者が安心した生活を送るために夜間帯にホームヘルパーが自宅を訪問することです。

夜18時~朝8時に定期的な訪問を受け、排泄の介助や安否確認などのサービスを提供される定期巡回と、急に体調が優れなくなったり、転倒したりした際に救急車の手配をおこなう臨時対応のサービスを行ってくれます。

また、利用者の家族の家事などのサービスは提供をしておりません。

夜間型訪問介護は訪問回数ごとに値段が加算されるので、回数を増やせば掛かる費用も大きくなり、介護保険の支給限度額を超えてしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、このサービスは鍵を渡しておいて、自宅に訪問するサービスなので、玄関の受付対応をしなければなりません。そのため、深夜に起きる回数が0回にならないことも注意しましょう。

参考:夜間対応型訪問介護

以上4つが対処法です。

4つの対処法をおこなうことにより、夜に自身の時間が多く取れて、ゆっくり睡眠を取ることができます。

しかし、これらを行っても、家族の同意が得られなく、夜間訪問介護を利用しすぎて介護保険の限度支給額を超えてしまい、利用が難しい可能性もあります。

ですので、4つの対処法を行っても難しい方は施設への入居を検討した方がいいでしょう。

老人ホーム、介護施設を利用してみよう

老人介護施設・施設でくつろぐ高齢者

godfather/stock.adobe.com

施設にも短期間入居するショートステイや看取りまでしてもらえる介護施設などがあるので、それぞれをご紹介します。

ショートステイを利用してみる

ショートステイとは30日間まで介護施設で介護を受けられるサービスです。

特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの施設でサービスが提供をされており、夜中に起こされる負担を少しでも減らしたい方は利用を検討してみましょう。

ショートステイについての詳しい内容は下記の記事を参考にしてみましょう。

参考:ショートステイとは?|短期間、介護に休息を。ロング利用の日数も解説

施設への入居も検討してみる

看取りまで施設を利用するという選択肢もあります。

入居一時金や月額費用は掛かりますが、施設で暮らすことによって自分の時間を多く使うことができて、仕事などに復帰できる可能性もあります。

介護施設には利用者の体調や要介護度に合わせて施設を選んだ方がよいでしょう。

施設の種類に関しては以下の記事で詳しく説明をしています。

参考:【全7種類】費用や特徴を比較した老人ホーム種類別まとめ|選び方ガイド付き

施設へ入居することで、夜中に起こされることはなくなり、自分の時間が多く使えるようになります。

しかし、施設への入居に反対して入居していただけない方もなかにはいます。そこで次に施設に反対される理由とそれらの対処法をご紹介します。

施設へ入居したら眠れない人にどのように対応してくれる?

©tomoco_sozai/stock.adobe.com

眠れない原因を多職種連携で追求してくれる

介護施設は各分野の専門家が在籍しています。

それぞれの専門的立場から眠れない原因を追究して、その対応策を考えてくれます。

そして、時には医療機関と連携を図りながら、根本的な原因を突き止めてくれるのです。

特別養護老人ホームなどに入居すると、ケアプラン(施設サービス計画書)を作成して、どのようにして取組むかを提案してくれます。

日中は活動性の高い支援をしてくれる

施設内のレクリエーションや外出など、活動性の高い支援をしてくれます。

また、自宅では一人だけの時間が多いかもしれませんが、施設では他の入居者もたくさんいますので、コミュニケーションを取れる時間が増えて、自然とメリハリのある生活を送ることができるようになります。

必要に応じて医療機関を受診してくれる

在宅介護では病院の受診はなかなか大変ですし、症状に対して何科を受診すればいいのか分からないこともあるでしょう。

施設に入居すると、身体症状に適した医療機関を選択してくれて、施設で受診や往診を依頼してくれたりします。

眠れない夜はスタッフが付き合ってくれる

どうしても眠ることができず、目を覚めしてしまう方に対しては、夜中スタッフが付きっきりで対応してくれます。

夜中でも少しの灯りをつけて、ホールなどでスタッフが見守りをしたり、お話をしたりして対応することもあります。

自宅では眠れないと訴える高齢者に対して、付きっきりで対応できないと思います。

しかし、施設では適切に対応してくれるので、そのような観点からでも施設に依頼するだけの価値はあるでしょう。

施設への入居は反対!!それが起こる理由と対処法について

©buritora/stock.adobe.com

施設への入居を反対する理由は主に周りからの反対と金銭面で反対される2種類があります。

ですので、それらの理由と対処法をご紹介します。

要介護者が施設を反対する理由と対処法

要介護者が施設を反対する原因は主に3つあります。

  1. 要介護者が捨てられたと感じてしまう。
    これは要介護者に施設の入居を伝えるとから除け者にされたと誤解してしまうことです。
  2. 要介護者が施設に入居する必要がないと考えている。
    なぜなら、要介護者は自分たちのことを元気だと考えているからです。
  3. 要介護者が施設に対して良いイメージをもっていない。
    要介護者の中には自身が元気だと思い込み、それに加えてプライドが高い方だと「同じ老人と一緒に暮らしたくない」と思っている方もいます。

ではこれらの対処法を原因に対してご紹介していきます。

  1. 実際に老人ホームに見学や体験入居をさせること。
    実際に施設に訪れていないのに悪いイメージが先行して反対する方がいます。そのため、実際に施設に連れて行ってあげてみましょう。これによりイメージが変わり、施設に入りたいと思うようになる可能性があります。
  2. 第三者から説得してあげること。
    家族がいくら言っても聞かない場合、実際に施設に通っている友人やケアマネジャーから説得してもらいましょう。気が変わって施設へ入居しようと考えてくれる可能性があります。

家族が施設を反対する理由と対処法

家族が反対する理由の1つに介護施設に入居させることは「親を捨てる」というイメージを持っている場合があります。

また、そのような人に限って、「仕事が忙しい」といって介護に協力的ではなく、介護の大変さを理解していない可能性があります。

これらへの対処方法は実際に家族に無理矢理でも介護を体験していただくことです。介護がどれだけ大変かあまり分かっていない場合が多いので、体験してもらい介護の大変さを知ってもらいましょう。

そうすることによって気持ちが変わり、施設への入居に前向きに検討してくれる可能性があります。

金銭面により施設を反対する理由と対処法

「老人ホームは高いから…」と思っている方もいるでしょう。しかし、施設には安価な施設もあります。

また所得によって月額費用が変わるケアハウスなどもあり、要介護者の年金で賄える場合もあります。

一度施設をヒトシア検索ページから調べてみましょう。

世間体が気になる時の対処法

近所の人から、「親を捨てた」など思われたくないので施設へ入居するのをためらう人もいるでしょう。

また、親や義両親を施設に入居させることに罪悪感を覚えてしまう人もいます。

これらへの対処法は自分がこのまま介護をおこなった場合の最悪の自体を想定することです。

例えば、今の状態を続けて介護者の精神が限界に達した場合、親や義両親を殴ってしまったり暴言を吐いてしまったりする可能性もあります。

そうなった場合、お互い良い気持ちにはなれません。

上記のような状況にならないよう施設への入居に対して前向きに検討してみるのが大事です。

施設入居の壁は大きいですが、調べてみたり、実際に施設に見学してみたりして行動に起こすことが大切です。

まとめ

要介護者の体調などから対処方法を考えることも大事ですが一番考えておきたいことは自身の体調や精神状態です。

体調を崩したり、うつ病を発症したりしては元も子もありません。

周りと相談をしながら自分にとって何が正解かを考え、すぐ行動してみることが大切です。

監修者:陽田 裕也

監修者:陽田 裕也監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。