【体験談あり】義理母の介護が辛い時に読む対策方法5選

「義理の母の介護がうまくいかない」であったり、「義理母の介護でトラブルになった」という経験はございませんか。

子どもがいる20歳~49歳の既婚女性1000名のアンケートによりますと4割強の女性が義理の母からハラスメントを受けたという報告があります。
参考:永遠の確執!?義母と嫁の問題「嫁ハラ」 遭遇率は41.6%

義理母の介護で関わることが増えることで、トラブルも起きる可能性が高くなります。

今回はそのような義理母を介護する上でトラブルの事例や対処法を私の体験談を交えながらご紹介いたします。

義理母を介護する際のトラブルの事例

©polkadot/stock.adobe.com

義理母を介護する上で、トラブルが起こる可能性も中にはあります。

そのため、義理母を介護する際に起こりうるトラブルについて私の介護体験を事例として紹介しながらご説明いたします。

暴力や暴言に対する事例

介護をする際に殴られたり、蹴られたり、暴れられたりすることがあります。

例えば、義理母が妻の私物を勘違いして自分の部屋に持っていってしまい、妻がそれを注意したところ殴られたといったことがあります。

また暴力だけでなく暴言もあり、「死ね」、「いなくなればいいのに」などの言葉を浴びせられることもあります。
それ以外にも、介護中に気にくわないことがあると、「あなたってなにもできない人ね」などの皮肉を言われることもあります。

せん妄に対する事例

せん妄では生活リズムが不規則になったり、幻覚を見たりする場合があります。

私の介護の体験で起きたことですが、介護者の生活リズムが不規則になり、深夜12時を昼の12時と勘違いされ、「昼食を作ってほしい」と要求されたり、天井に付着している黒いシミに対して、「虫がいるから追い払って」と勘違いして言われた経験がありました。

トイレの介助に対する事例

トイレ介助についても自分の体験談を交えながらお伝えします。

初めのうちは一緒にトイレに付き添う程度で終わっていましたが、義理母の認知症が進行して、要介護度が上がることでおむつを履くようになりました。

また、おむつを履く際に間に合わなかったり、排泄量が多くておむつを履いていても漏らしてしまったりして、介護者が後処理をしなければならないこともあります。

さらに、排泄物の臭いが自分の頭の中に焼き付き、自分がトイレをする時に臭いで介護のことを思い出してしまうこともあります。

このようなトラブルから「大変だし、もう限界」、「(義理母が)いなくなればいいのに…」と考えてしまうこともあります。

また、家族や親族に頼りたくても頼れないこともあります。

次の節からは介護者の周りの反応についてご説明します。

介護者の周りの反応

©polkadot/stock.adobe.com

家族や親族に助けを求めても、助けに応じくれないこともあるでしょう。

家族と親戚の反応について私の体験などからご説明していきます。

ご家族の反応

介護をしている中で家族に介護者の辛さを理解してもらえないことがあります。

私の経験では家族の中でも夫と揉める事が多かったです。

夫は自分の親であるにもかかわらず、「仕事が忙しいから手伝えない」、「介護は妻がやるべきだ」などの理由から介護に積極的に参加せず、介護の大変さを理解してもらえず結果としてトラブルになりました。

こうしたトラブルが多くなることで、介護離婚になる場合もあります

また、離婚をしたくても、妻が経済的に自立することは難しいことにより、なかなか離婚に踏み切れないといった場合もあります。

さらに、お子さんがいる家庭の場合、お子さんの面倒も見なければならないので介護との両立により心身ともに疲弊してしまいます。

参考:「介護離婚」は妻にとって甘くない…準備すべきお金を知ろう

親戚の反応

親戚も協力的ではない場合があります。

これは親族と住んでいる距離が遠くて介護を手伝うことが困難であるからです。

また、距離が近くても、「忙しいから」と言って相手にしてくれず、その割に「介護はちゃんとやっているか」など口ばかり出してくるケースもあります。

ここまで読んでもらった中でいくつか当てはまることも多いのではないでしょうか。

私も両親の介護のサポートをしていていた時、夜中に何度も起こされて寝不足になる経験をしました。それらの影響で学業にも支障をきたすことが多くあり、「辛いな」、「祖母なんていなくなってしまえばいい」と思う時もありました。普段は祖母に対して負の感情がなくても、心身ともに疲れていたら、負の感情を抱いてしまうことがあります。

私と同様に介護をしている方は義理母に対して負の感情を抱いてしまうことがある人もいるのではないのでしょうか。

次にこれらの問題を解決する方法をご紹介します。

義理母を介護する際の対処法

©tamayura39/stock.adobe.com

義理母を介護をして困っていても家族や親族から理解されずに辛い思いをすることもあるでしょう。それらへの対処法を私の経験を踏まえながらご紹介します。

本気で家族や親族に相談をしてみる

一回家族や親族に本気で話をしてみて、今の介護の辛さや大変さを自分の口で伝えてみましょう。

その際に、介護のどこが辛くてそれによって家事や子育てにどう影響するかをしっかりと伝えましょう。

また、義理母の情報をこまめに親族に伝えてあげることも大切です。

家事や育児に影響が出ていることを理解してもらえれば、家族や親族が手伝ってくれる可能性が高くなります。

子供に手伝える家事などは手伝ってもらう

介護以外にも洗濯や料理、掃除なども両立しないといけません。もしお子さんができるようであれば家事を手伝ってもらい、自分は介護に専念しましょう。

そうすることにより、少しだけでも自分の負担を減らすことができます。

外部の人に相談するかコミュニティに所属をする

家族や親戚などに相談してみても、解決できない場合もあります。
その場合は、ケアマネジャーや地域包括支援センターの方に相談をしてみましょう。第三者の力を借りることで、解決策が見つかるかもしれません。

また、家族の会で介護をしている人たちで集まって話を聞いてみましょう。

専門家や介護の先輩からアドバイスをもらい、解決策が見つかるかもしれません。介護者同士で集まることが難しい場合、家族会の本部では電話相談も行っているので、時間がある時に相談してみてもいいかもしれません。

参考:介護で人間関係のトラブルがあったときの解決策と相談先

デイサービスやショートステイの検討

ケアマネジャーや家族の会などから施設への入居を薦められる場合もあるかもしれません。

しかし、いきなり施設に預けるのは環境の変化から義理母に負担がかかる可能性もがあります。そのためデイサービスやショートステイを徐々にならしてあげる意味で義理母を施設に預けてみましょう。

ショートステイに関しては別記事でご紹介していますのでそちらを参考にしてみてください。

参考:ショートステイとは?|気になるロングショートステイの利用日数も解説

義理母を施設に預けている間、施設に本格的に入居させるか家族と話し合ったり、旅行や友人と遊んだりして自分のために時間を使うことで心や体をリフレッシュさせてみてもいいでしょう。

施設への入居の検討

ショートステイやデイサービスを利用してみたもののやはり介護が大変で手の打ちようがない場合はも施設への入居を検討しましょう。

ただし、施設への検討をする際に、どこの施設を選べばよいかわからないと思います。

老人ホームの種類に関しては別の記事で紹介しますのでよかったら一緒に読んでみてください。

参考:【全7種類】費用や特徴を比較した老人ホーム種類別まとめ|選び方ガイド付き

施設に入居してもらった場合、自分の多くの時間を使うことができ、家事や家族との時間を有意義に過ごすことが出来ます。

しかし、施設への入居に反対する人がいたりできない要因もあると思います。

次に施設へ入居を反対される理由とその対処法をお伝えします。

施設への入居を促す方法

施設への入居に踏み切れない理由は主に家族が反対するか、金銭面で入居ができないかの2種類です。

これらの詳しい説明と対処法をご紹介いたします。

家族が反対をする

©buritora/stock.adobe.com

よくあるのが介護者本人や夫が反対する場合です。それについてご紹介します。

介護者本人の場合は「捨てられた」という気持ちから、施設への入居を拒もうとします。

強引に入居させても、環境に馴染めなくて施設で暴力や徘徊などの問題を起こす可能性もあります。

義理母を説得する際に、「自分がいない時もお母さんに不自由な想いをさせたくないです」と義理母の気持ちを思って話してあげることで、すんなりと理解をしてくれたことがあります。

夫が反対するケースとして自分の母親を施設へ入居することに対して、「施設へ入居させるなんて可哀そう」と言って、施設への入居を反対することがあります。

私の体験談ですが、夫が介護をしてくれない場合、多少強引かもしれませんが、無理矢理にでも義理母の介護でトイレ介助をさせたり、夜中に呼ばれたときにあえて夫に行かせたりして、介護の辛さや大変さを理解して貰いました。

これにより、介護をすることがどれだけ大変かを考えてもらい、施設への入居を検討してもらいました。

参考:親が傷つかない介護施設入所の促し方の「奥の手」

金銭面で足りない

©photobyphotoboy/stock.adobe.com

義理母の年金などではお金が足りず、施設への入居に踏み切れない方もいるかと思われます。

しかし、施設自体も特別養護老人ホームやケアハウスなど費用が安価なところがあるため、それらの施設を検討してみましょう。

特別養護老人ホームやケアハウスは別記事で紹介しますのでそちらをご確認ください。

参考:【2019年度最新版】特別養護老人ホームの費用や入居条件について

参考:【決定版】ケアハウスの費用や設備などをわかりやすく説明!

また、駅から遠い施設や地方の施設を利用することで費用を安価に抑えることが出来ます。

施設の検索はこちらでおこなうことができます。

参考:ヒトシア検索サイト

まとめ

義理母を介護する際に介護者本人や夫とうまくいかないまま、介護離婚になるケースもございます。

しかし、経済的に自立は難しいです。ましてやお子さんがいる家庭ではもっと難しくなります。

周りにいる家族に全力で今の状況を伝えたり、外部の人に相談したり、施設へ入居させたりすることで解決策が見つかるかもしれません

まずは抱え込まないで動いてみることをおすすめします。

監修者:陽田 裕也

監修者:陽田 裕也監修者:陽田 裕也

資格:社会福祉士 生活相談員 介護福祉士 介護支援専門員
2001年介護福祉士の養成校を卒業と同時に介護福祉士を取得、翌年には社会福祉主事任用資格も取得した。 2002年から特別養護老人ホームで介護職員として勤務しており、その後、同一施設内で生活相談員や施設ケアマネジャーなどを経験しながら社会福祉士の国家試験に合格した。 現在は副施設長を兼任し生活相談員として相談援助に携わっている。 今後は権利擁護への知見を広げるため、成年後見人養成研修にも参加予定である。