考古企画展「変化の時代を生きた縄文人ー相模原市域の縄文時代中・後期文化ー」

2021/4/1(木)~ 2021/5/9(日)

相模原市中央区高根3-1-15

縄文人はどんな生活をしていたのかな?

市内の縄文時代遺跡は、約5000年前の縄文時代中期と約4000年前の後期に多く残された。今展では、当時の土器、石器、集落の様子などから、縄文時代中期と後期の文化を紹介し、時代が変化する中で力強く生きた縄文人の姿を探る。縄文人の生活とその工夫を見てみよう。

イベント詳細

イベント名

考古企画展「変化の時代を生きた縄文人ー相模原市域の縄文時代中・後期文化ー」

ジャンル

文化・芸術 講演・展示

料金

開催日

2021/4/1(木)~ 2021/5/9(日)

開催時間

09:30~17:00

休館日は月曜日(祝日は除く)、4/30(金)、5/6(木)

開催場所

相模原市立博物館 1階 特別展示室

神奈川県 相模原市中央区高根3-1-15

アクセス情報

【車】圏央道「相模原愛川」ICから約6km/東名高速道路「横浜町田」ICから約11km

【公共交通】JR淵野辺駅からバスで「市立博物館前」下車すぐ

駐車場

駐車無料 ※95台のうち4台は障害者用駐車場

問い合わせ先

042-750-8030(相模原市立博物館)

備考

新型コロナウイルス感染予防対策に協力を。詳しくはホームページ参照。

情報提供元:イベントバンク

新型コロナウイルスにより、イベントが中止・延期になっている場合があります。

ご出発の前に公式情報をご確認ください。

近くの似たイベント