このイベントは終了いたしました

富岡展 しつらいの美

2021/5/17(月)~ 2021/6/22(火)

新宿区西早稲田1-6-1

雅な江戸の世界

富岡重憲コレクションによる、江戸時代の室内を飾った絵画と工芸作品を集めた展覧会。展示室の空間を大きく占めるのは、衣桁に掛けられたきらびやかな衣装を金地に描いた六曲一双の『誰(た)が袖(そで)図屏風』で、今回の見どころの一つ。絵画作品はほかに、狩野洞雲の絵に禅僧・玉舟宗ばんが賛を施した『王昭君図』、幕末三筆の一人とされる貫名海屋の『湖東清月図』、富士山を描いた椿椿山の『三保望岳図』を展示する。

イベント詳細

イベント名

富岡展 しつらいの美

ジャンル

文化・芸術 講演・展示

料金

開催日

2021/5/17(月)~ 2021/6/22(火)

開催時間

10:00~17:00

休館日は、6月2日(水)9日(水)16日(水) ※「緊急事態宣言」の発出を受け、当面の間、早稲田大学のミュージアム全館の一般(学外者)公開を休止し、同学学内者(学生、教職員等)のみ利用可能

開催場所

早稲田大学會津八一記念博物館 富岡重憲コレクション展示室

東京都 新宿区西早稲田1-6-1

早稲田キャンパス2号館

アクセス情報

【公共交通】東京メトロ東西線「早稲田」駅3a・3bより徒歩約5分

駐車場

問い合わせ先

03-5286-3835(早稲田大学會津八一記念博物館)

備考

玉舟宗ばんの「ばん」の漢字は、「王」偏に「番」。

情報提供元:イベントバンク

新型コロナウイルスにより、イベントが中止・延期になっている場合があります。

ご出発の前に公式情報をご確認ください。

似たイベント