『巨大映像で迫る五大絵師』 ? 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 ?

2021/7/16(金)~ 2021/9/9(木)

千代田区大手町1-2-1

新感覚デジタルアート展

江戸時代の絵師たちの情熱と想像力が込められた浮世絵や金屏風、金襖絵。その歴史的作品が超高精細デジタルアートとして蘇る。今展では、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五拾三次」、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの「風神雷神図屏風」の競演、伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」など、日本美術の最高傑作を公開。デジタル技術と映像演出、そして巨大スクリーンによる大スペクタクルを展開する。

イベント詳細

イベント名

『巨大映像で迫る五大絵師』 ? 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 ?

ジャンル

スポーツ・体験 文化・芸術

料金

観覧料 一般:2,000円/大学生・専門学生:1,500円/中学生・高校生:1,000円/満70歳以上、小学生以下、障がい者の方(添付者原則1名まで)は入場無料

開催日

2021/7/16(金)~ 2021/9/9(木)

開催時間

10:30~19:30

入館は閉館の30分前まで。会期中の奇数日・偶数日で上映作品が変わるダブルプログラム。

開催場所

大手町三井ホール

東京都 千代田区大手町1-2-1

Otemachi One 3F

アクセス情報

【公共交通】「大手町」駅 C4出口直結/「竹橋」駅より徒歩約2分/JR「東京」駅より徒歩約12分

駐車場

問い合わせ先

03-5520-1914(『巨大映像で迫る五大絵師』事務局)

備考

チケットは5月中旬から販売予定。詳細は4月下旬に公式ウェブサイトでお知らせ。

情報提供元:イベントバンク

新型コロナウイルスにより、イベントが中止・延期になっている場合があります。

ご出発の前に公式情報をご確認ください。

近くの似たイベント